LINEやメールで使用するさまざまな顔文字や記号。言葉だけでは伝えきれない微妙なニュアンスを、相手に表現するために使うことが多いのではないでしょうか。しかし中には、相手を不快な気持ちにさせる場合も…。そこで今回は、LINEやメールなどの語尾に使われていると、思わずイラッとしてしまう顔文字や記号を皆さんに聞いてみました。

■LINEやメールなどの語尾に使われていると思わずイラッとする顔文字・記号ランキング
1位:特にない
2位:wwwww
3位:わら
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位に選ばれたのは、《特にない》でした。
多くの人がイラッとする顔文字や記号は《特にない》と答えています。この結果を知って安心した人も多いのではありませんか?特に、顔文字や記号を多用している人は胸をなでおろしたことでしょう。

2位には《wwwww》が選ばれました。
《wwwww》は、インターネットスラングの代表的な記号です。「2チャンネル」で多用され、若者を中心に広まった隠語のひとつ。「笑笑笑笑笑」の意味を持ち、LINEやメールの語尾で使われている《wwwww》についイラッとしてしまう人が多いようですね。

3位は《わら》がランク・イン。
《わら》は、顔文字や記号とはいえないかもしれませんが、2位の《wwwww》同じく、笑っている意味の用語として使われます。インターネット上では、嘲笑の意味合いが強い言葉とのこと。6位の《(笑)》の変化形ともいえますね。語尾に使われていると、「バカにしてる?」と思われかねません。多用するのではなく、相手を選んで使いたいものです。
LINEやメールなどの語尾に使われていると思わずイラッとする顔文字・記号ランキング

いかがでしたか?他にも4位には相手を指差しながら嘲笑する顔文字《m9(^Д^)》(プギャー)、5位には人がうなだれる様子を表した《orz》(もうダメだ…)がランク・インしています。ランキングを参考に、顔文字や記号を使う際には送る相手を不快にさせないよう心がけたいものですね。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,659票
調査期間:2015年9月5日~2015年9月19日