食べ歩きの達人ことタベアルキストが「リピートしている」「人に教えたくなる」の2つの視点でお店を厳選。今回は「東京のBar飯」10選をご紹介します。熟成肉のカツサンドから燻製卵かけご飯まで、お酒と一緒に楽しめる絶品のBar飯をお楽しみください。

食べ歩きの達人ことタベアルキストが選ぶ「東京のBar飯」10選

 ・Dハートマンの「熟成牛肉のカツサンド」
 ・BAR オーパ 門前仲町店の「トスカーナフライドポテト」
 ・シャンクスの「スモーキーチーズバーガー」
 ・ロックフィッシュの「生ハムとカマンベールのサンドイッチ」
 ・煙事の「燻製卵かけごはん」
 ⇒すべて見る

レストランで食事をした後に2軒めにバーへという使い方や、食事前にバーで軽く一杯といった使い方が多いように、バーは主にお酒を飲むところ、という概念は誰しもが持っていると思う。
「bar」は英語ではバーと読み、世間一般的なバーのイメージはこれにあたるのだろう。しかし、同じbarでもイタリアではバールと読み、カフェ的な存在であるし、スペインではバルと読み、日本で言う居酒屋を指すように、お酒だけではなく、一緒に食事も楽しむ場所という意味が「bar」には込められているというのがよく分かる。

バールやバルと比較すると、お酒へのウエイトが高いのがバーではあるのだが、それでも主役の酒にも負けない存在感を放つ食事があるお店も多く、旨い酒があるところに旨い飯あり、とも言われるほどだ。お酒に強いこだわりがある人が、合わせる食事にもこだわりを持つのは、ある意味自然な成り行きと言えるのかもしれない。

バーでのフードというとミックスナッツやチーズなどを想像する方も多いかもしれないが、今回取り上げたバー飯は、軽食というよりも、食事として単独でも成立するクオリティとボリュームを兼ね備えたものばかり。ナポリタンからサンドイッチ、ハンバーガー、カレー、卵かけ御飯という変化球まで、いずれも専門店に決して引けを取らない逸品揃い。しかも、お酒と一緒に摂ることで、その美味しさも増すのが、バー飯であり、是非、好みのお酒とのマリアージュを楽しんで欲しい。

 ⇒「東京のBar飯」10選をすべて見る

※このランキングに関する解説はすべてタベアルキストによるものです。