遠き少年時代、必死こいて探し求めた「エロ」。

捨ててある週刊誌を見つけてはエロいページを一心不乱に探し、深夜やってる洋画をタイトルだけで「なんかエロいシーンがありそうな予感がする!」と眠気と闘いながら見る。日常生活の中からなんとか「エロ」を探そうともがいた、そんな時代を経験された方は多いと思います。

しかし!今や西暦2015年。世界の叡智が集まる現代のアカシックレコード・インターネットさえあれば、ありとあらゆるエロがお手軽に手に入ってしまうそんな時代です。

おっぱいが見たかったら「おっぱい」と検索すればいい。
エロ動画がみたかったら好きなジャンルで動画検索すればいい。

しかし、本当にこれでいいのでしょうか。

エロにあふれたこんな時代だからこそ、日常の中から「エロ」を発掘する気概が必要とされるのではないでしょうか!!


と、いうわけで今回は、


(わたくし大住38歳が)
ニッセンのカタログで1番エロい画像を本気で探してみたいと思います


■全ての画像は記事下部、関連記事1本目(元記事)からご覧頂けます
http://ima.goo.ne.jp/column/article/3706.html


カタログ通販の無料冊子からも必死でエロを探す。

これこそエロ飽食時代に求められるストイックさなのです!


いくぞニッセン!まっていろエロ画像!


と、いうわけでエロ画像ハントすべくカタログを熟読し始めたのですが……。



(真剣に)

(通販カタログの下着コーナーをみつめる僕(38))

(ふむ)

(これ以上なく真剣に)

(女性向け通販カタログ(全年齢対象)をエロ目的で読み込む僕(38))

(38歳にもなって職場でオレなにやってるんだろうという疑問と戦いながら)

(ひたすらエロっぽい画像をピックアップしていく僕(38))


思ったより下着コーナーやバスタオル巻き画像、ベッドの中からこちらを見ている画像など「エロ要素」を感じれる画像が多数あり、ピックアップしたもののどれが1番エロいかを決めかねる状況に。

いまトピ編集部の他の男性陣にもヒアリングしてみたものの意見は割れるばかり……。


っていうか、


ぶっちゃけこの歳になると通販カタログの下着画像なんかどれも大してエロく感じなくて1番なんか選べねぇんだよ!!
※そもそも下着着用画像すらエロくないポーズと表情とかで徹底的にエロ要素を排除してる


と、いうわけで、どれが一番エロい画像かは、


(なあ?どれが一番エロい?)
通りすがりの中学生に決めてもらうことにしました


エロ=中学生
中学生=エロ


思春期まっさかりの彼らこそ、エロにおいては王者


そんな彼らが選んだ画像。

ニッセン2015秋号で一番エロい画像が、


(p65、左下画像。(ファイン)淡花ブラジャー&ショーツの後ろ姿

こちらです


■全ての画像は記事下部、関連記事1本目(元記事)からご覧頂けます
http://ima.goo.ne.jp/column/article/3706.html


これが本当にエロいかどうかは本屋でニッセンのカタログもらって自分で確かめてみてください!


なお、この画像を見た瞬間、中学生たちが「エッロ!!この画像エッロ!!」とスーパーハイテンションになってましたが、


君ら、これ普通の通販カタログだからね?


もはや自分が失ってしまった青春の輝き。
それが、今の時代も変わらずに若者にやどり続けている。

記事の最初の方で「エロ飽食時代」なんていってましたが、


現代も中学生はエロに飢えたままでした


たぶん今でもエロ本とか拾いにいってますよ。絶対。



●おまけ

ちなみにエロ画像を決めるとき、最終決断をしたリーダー格(エロの)の彼。

「ベッドは重要」と、ベッドコーナー(純粋なベッドだけの画像)も探していた彼のエロを突き詰める姿勢にはこちらが学ばせてもらうほどでした。


師匠、ありがとうございました!!




(いまトピ編集部 大住)