ひとつのネタが爆発的にヒットし、一躍有名人になったものの、翌年にはテレビから姿を消している…そんな“一発屋”と呼ばれる芸人は少なくありません。中には再ブレイクを果たす人もいますが、そのまま消えてゆく人も…。そこで今回は、今考えても一発屋だったと思う芸人について探ってみました。

■今考えても一発屋だと思う芸人ランキング
1位:8.6秒バズーカー
2位:日本エレキテル連合
3位:波田陽区
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《8.6秒バズーカー》でした。ラッスンゴレライで爆発的な人気を得た《8.6秒バズーカー》。心地よいリズムネタは、大人から子供までみんなが真似できるフレーズが魅力。「会社の宴会の一発芸でやった」という人も。しかし、やはり時間とともに飽きられてしまうのがリズムネタ。そんな《8.6秒バズーカー》が1位に輝きました。

2位は《日本エレキテル連合》でした。「ダメよ~ダメダメ!」が流行し、昨年のハロウィンでは朱美ちゃんのコスプレをする女性も多かったほど人気が高まった《日本エレキテル連合》。しかし、朱美ちゃんのインパクトが強すぎ、その後どんなネタを披露しても朱美ちゃんを超えられないという悲しいイメージが定着。テレビで見る機会も減っています。

3位は《波田陽区》でした。ギター侍として、数々の有名人を歌にのせて斬ってゆくネタでブレイクしたものの、最近はほとんどテレビで見ることがなくなった《波田陽区》。「あのネタしか見たことない、飽きる」という人が多く、一発屋になっても仕方ないという意見が多数。3位にランク・インしました。

このように、一発屋と呼ばれる芸人は多数存在しますが、山のように存在するお笑い芸人の中で、一回でも爆発的にヒットすることは本当にスゴイこと。みなさんは、一発屋芸人のどのネタがお気に入りですか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年8月28日~2015年9月2日