女性人気が高く、「カッコイイ」と黄色い声援を受けることが多いイケメン男性有名人。しかし中には、イケメン扱いされているものの、実はイケメンじゃないと思われている人もいるよう。そこで今回は、そんな雰囲気イケメンについて探ってみました。

■イケメン扱いされてるけど実はイケメンじゃないんじゃない?と思う有名人ランキング
1位:狩野英孝
2位:草彅剛
3位:田村淳
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《狩野英孝》でした。「ラーメン・つけ麺・僕イケメン」のネタで有名なお笑い芸人の《狩野英孝》。有名になった当初は、上下白のスーツ姿がトレードマークで、このネタのイメージが強かったこともあり、イケメンキャラのような立ち位置にいたことも。しかし、近年は国宝級の“天然”として周囲から愛され、イケメンではなくいじられキャラのイメージが定着しています。

2位は《草彅剛》でした。国民的アイドルSMAPの一員として、「カッコイイ!」と常に女性ファンから黄色い声援を受けている《草彅剛》。SMAPとして歌やダンスをしている姿はオーラに包まれているものの、「実際に身近にいるとそんなにイケメンとは思わない」という声が多く、2位にランク・イン。

3位は《田村淳》でした。お笑い芸人きってのモテ男として知られる《田村淳》。女性の扱いが上手い、モテるというイメージからイケメンのイメージが強いものの、「顔だけ見ると決してイケメンではない」という意見が多く、3位にランク・インしました。

このように、イケメンと言われている有名人の中には、雰囲気イケメンも少なくないようです。みなさんは雰囲気イケメンと聞いて、どの有名人を思い浮かべますか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年9月4日~2015年9月8日