連日インターネットやテレビでは、夏休みに出かけたいオススメのスポットがたくさん紹介されています。中でも、注目はテーマパークですよね。東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオなど、話題のテーマパークが数多くあります。今回は、そんなテーマパークに関するランキングを紹介します。

行ってみたいテーマパークは?
1位 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
2位 東京ディズニーランド
3位 東京ディズニーシー
4位 ハウステンボス
5位 キッザニア東京

行ってみたいテーマパークの1位に輝いたのは《ユニバーサル・スタジオ・ジャパン》。新しいアトラクションが登場し、さらに人気が高まっています。子供だけでなく、大人も楽しめるテーマパークとして、来場者数は毎年右肩上がりで上昇しているとのこと。予約が取れないアトラクションの噂が、人気に拍車をかけているようです。2位には、夢の国《東京ディズニーランド》がランク・イン。誰でも一度は出かけたいテーマパークですよね。夏休みを利用して訪れる家族連れに大人気。広大な敷地に繰り広げられるアトラクションの数々が、多くの人を虜にしています。3位には、《東京ディズニーシー》が選ばれています。隣合わせの《東京ディズニーランド》とともに、開園以来、多くの来場者を迎えている人気のテーマパークです。水をテーマにしているので、太陽が照りつける熱い夏にはピッタリです。4位にランク・インしたのは、長崎の《ハウステンボス》。オランダの街並みを忠実に再現した広大な敷地は、まるでヨーロッパ旅行に行ったかのような錯覚になります。ゆっくりとした時間を過ごしたい人におススメのテーマパークと言えますね。

夏休み、子どもと出かける施設で重視するポイントランキング
1位 施設の大きさ
2位 乗り物や遊具のデザインと性能
3位 乗り物や遊具の種類
4位 乗り物や遊具に乗る際に、待たせない
5位 子どもが楽しめるイベントの有無

夏休み、子供と出かける施設で重視するポイントランキングの1位は《施設の大きさ》です。1日かけて、思う存分楽しめる施設が人気を集めているようです。2位には、《乗り物や遊具のデザインと性能》がランク・イン。安全性はもちろん、デザインにもこだわりを見せる若い世代である親の価値観が見え隠れします。4位は《乗り物や遊具に乗る際に、待たせない》が選ばれました。長蛇の列でおなじみのディズニーランドも「ディズニー・ファストパス」のおかげで待たずにアトラクションを楽しむことができます。待ち時間を気にせず楽しめるアトラクションが家族連れには求められているようです。特に子どもを飽きさせないためにも、待ち時間は重要なポイントとなるのかもしれません。
夏休みを迎えて、家族で楽しめる施設を考えているのなら、このランキングを参考にしてみてはいかがでしょう。子どもだけでなく、大人も一緒に楽しめるテーマパークに出かけてみてください。

gooランキング編集部(ぐ)