7月クールの夏アニメが始まって、気付けばあっという間に3ヵ月が過ぎました。今回は豊作だったという声も多い7月スタートの深夜アニメ(30分枠)の中から最高だったと思う作品についてアンケートを取ってみました。

■最高だった7月スタートの深夜アニメ(30分枠)は?
1位:うしおととら
2位:監獄学園 プリズンスクール
3位:干物妹!うまるちゃん
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位には1990年代に「週刊少年サンデー」で連載された同名漫画が原作の《うしおととら》が入りました。主人公の少年「うしお(蒼月潮)」が、自宅の蔵の中に500年の間幽閉されていた妖怪「とら」と出会い、いがみ合いながらも結局は協力して妖怪を退治していくという物語で、原作ファンからも期待を裏切らない出来と高評価を得ているようです。《うしおととら》は引き続き12月まで連続2クール放送、さらに2016年4月から第3クールも始まるので、今期見逃してしまった人もまだ間に合います。

2位には「ヤングマガジン」で連載中の漫画が原作の《監獄学園 プリズンスクール》がランク・イン。女子校だった学校が男子生徒を受け入れた初年に入学してきた5人の男子と、その男子たちを全員退学に追い込もうとする裏生徒会との攻防が、下ネタを堂々とちりばめハイテンポに描かれた痛快コメディーでした。強烈な個性のキャラクターも多く、主要キャラであるガクトや学園の理事長の独特な口調にハマる人も続出しました。10月下旬からは実写化ドラマが放送開始。こちらも楽しみです。

3位には「週刊ヤングジャンプ」で連載中の漫画が原作のアニメ《干物妹!うまるちゃん》が入りました。学校では才色兼備でおしとやかな女子高生のうまるが、居候している兄の家に帰るとネット、ゲーム、アニメ、映画にどっぷり漬かり、身の回りの世話はすべて兄任せの「干物女」になってしまうというストーリー。学校にいる時の凜とした姿と、家にいる時の2頭身ほどに縮小してしまう見た目とのギャップも面白く、そしてどちらも可愛く、ファンを魅了しました。

また4位には、日常系学園アニメかと思わせつつ実はゾンビアニメだったという展開で視聴者を震撼とさせた《がっこうぐらし!》が、5位には一切のわいせつな表現が禁止された世界と、それを覆そうと反抗する学生たちの活動を描いた変態的(いい意味で)なファンタジー作品《下ネタという概念が存在しない退屈な世界》がランク・イン。1位から4位までを漫画原作アニメが占める結果となりました。

10月スタートアニメでは、どの作品が人気となるのでしょうか? ダークホース的作品はあるのでしょうか。楽しみですね。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,349票
調査期間:2015年9月10日~2015年9月24日