深刻な自転車事故の急増を受けて、自動車のみならず自転車の道路交通法規制も、2015年6月1日に改正された道路交通法により強化されるようになりました。そこで今回は、意外に知らなかった自転車の道路交通法違反について調査してみました。

■知らなかった自転車の道路交通法違反ランキング
1位:全て知っている
2位:右側通行(逆走)する
3位:片手運転や手放し運転をする
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《全て知っている》が選ばれました。
実に3割近くの人が《全て知っている》と答えています。結果を見る限りでは、自転車を運転する際の安全規則が周知されているといえますね。6月1日の道路交通法改正からわずか3ヶ月ではありますが、今後の自転車運転違反の軽減に期待したいものです。

2位には《右側通行(逆走)する》がランク・イン。
道路交通法によると「自転車は道路の左側を通行しなければならない(第17条第4項)」と定められています。違反による罰則は、「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金」とのこと。年齢を問わず誰でも気軽に乗れる自転車ですが、軽車両であること忘れないことが大切です。

3位は《片手運転や手放し運転をする》でした。
知らなかったと答えた《片手運転や手放し運転をする》ですが、道路交通法違反に該当するので注意しましょう。重要なのは、違反行為だからではなく、安全のためには正しい運転をすることだといえますね。
みんな知ってる?自転車の道路交通法違反ランキング

自転車に対する道路交通法による罰則強化は、あくまでも安全運転を促すためのものです。危険な運転は、たとえ自転車であっても重大な事故に繋がります。子どもから大人まで利用する自転車だからこそ、特に安全運転を心がけてほしいものです。ランキングを参考に、自転車の道路交通法違反について改めて確認してみてください。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年8月28日~2015年9月2日