個性豊かなキャラクターが多い芸能界。好きな芸能人もいれば、苦手な芸能人もいるかと思います。では、実際に多くの人がテレビで見ていて不快になる芸能人は一体誰なのでしょうか。そこで今回は、苦手なテンションを持つ芸能人について探ってみました。

■苦手なテンションを持つ芸能人ランキング
1位:鈴木奈々
2位:江頭2:50
3位:藤田ニコル
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《鈴木奈々》でした。いつもハイテンションで同じことを何度も繰り返す話し方が特徴的な《鈴木奈々》。身振り手振りも大きく、うるさいと感じる人が多いようです。「イイ人なのは分かるけど、とにかくうるさい」「長時間見ていると疲れる」など、彼女のテンションの高さへの厳しい意見が多く、1位となりました。

2位は《江頭2:50》でした。トラブルメーカーキャラとしてバラエティー番組で活躍する《江頭2:50》。東北の震災後はプライベートで支援物資をこっそりと届ける姿が美談として取り上げられ、好感度が急上昇しました。しかし、テレビで見せる顔は変わらないため、「うるさくて気持ち悪い…」という女性からの意見が多く、2位にランク・イン。

3位は《藤田ニコル》でした。若い世代を中心に人気を集める《藤田ニコル》。新・おバカ女王として注目されています。しかしその独特の話し方やテンポに、「バカっぽい」と感じてしまう人も多く、苦手意識を持つ人も少なくないようです。

このように、個性が重要な芸能界でも、個性が強すぎると不快感を持たれてしまうようです。みなさんは、苦手なテンションを持つ芸能人というと、誰を思い浮かべますか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,480票
調査期間:2015年8月8日~2015年8月22日