Facebookは2008年に日本版が公開されて以降、人気のSNSとして知られています。2014年の時点では、月間アクティブユーザーは13億人と発表され、ますます注目が高まっています。しかし中には「ウザい」と感じる投稿もちらほらあるようです。そこでプロフィール画像やアイコンなど、どんな画像が友達を不快にさせてしまうのか気になり、調査してみました。

■ウザいと感じるFacebookのプロフィール画像ランキング
1位:得意げなドヤ顔
2位:恋人とツーショット
3位:顔の一部を隠す
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《得意げなドヤ顔》がランク・インしました。「どうだ!」と言わんばかりの表情は、微笑ましいというより、むしろ自慢と受け取ってしまう人が多いのかもしれません。スルーし切れずウザいと思う人が多いという回答が多く寄せられました。

2位は《恋人とツーショット》でした。1位と同様、《恋人とのツーショット》は楽しい雰囲気やパートナーの自慢と受け取る人も多いようです。手をつないでいる画像などシチュエーションにもよるかもしれませんが、あくまでプロフィール画像なので、本人だけのアイコンを選択したほうが懸命かもしれませんね。

3位は《顔の一部を隠す》がランク・イン!1位や2位と違ってこちらは顔の一部を隠しての投稿ですが、「出すなら出す。出さないなら出さない」と中途半端が反感を買ってしまっているのかも。写真によっては、隠し方などもウザいと思わせる要因になっているのではないでしょうか。

いかがでしたか。ランキングの中には《有名人の写真》や《子どもの頃の写真》など、あるあると思うものから、自分にちょっと心当たりのあるものまで、さまざまな解答が寄せられました。このランキングを見て気になった人は、自分のプロフィール画像をぜひチェックしてみてくださいね。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年8月18日~2015年8月21日