あなたのまわりには、SMAPや嵐、Kis-My-Ft2といったジャニーズファンのオタク、通称「ジャニオタ」はいませんか。オタクと聞いて少し引いてしまう人もいるかもしれませんが、その楽しそうな姿はなんとも楽しそう…。つい羨ましく思ってしまうこともあるのでは?そこで、良くも悪くもジャニオタが楽しそうに見えることをランキングにしました。

■良くも悪くもジャニオタ(ジャニーズオタク)が楽しそうに見えることランキング
1位:音楽番組でグループをシャッフルした珍しいステージが見られる
2位:コンサートや舞台などで一年の予定がほぼ埋まる
3位:ファンが多いので友達の輪が広がる
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位には《音楽番組でグループをシャッフルした珍しいステージが見られる》がランク・インしました。一般の人には、ただのアイドルやアーティストのコラボ企画であっても、ジャニオタにとっては生唾もの。普段とは違うグループで歌う姿は、希少価値が高いようです。普段とは違ったメンバーで歌う姿に心ときめかせているジャニオタの姿からは、幸せオーラがたくさん出ているのかもしれません。

2位には《コンサートや舞台などで一年の予定がほぼ埋まる》が入りました。ジャニオタの中には、お金が続く限り、コンサートや舞台に足を運ぶ人もいます。予約をとるための時間まで含めたら、相当な時間をジャニーズに費やしていると思われますが、準備も含めて楽しそうなのがジャニオタの特徴といえるのかも。

3位に入ったのは《ファンが多いので友達の輪が広がる》。コアなアイドルグループなら、なかなかファン同士が普段知り合うことは難しいかもしれません。でも、ジャニーズのファンなら同じクループを好きな人が友達の友達にいて、仲良くなることもあります。そんなファン同士の濃い会話には、もともとの友人であっても、ジャニオタでなければ入れないかも…。

上位にランクした項目からは、ジャニオタの生活の充実ぶりを羨む傾向がみえてきました。打ち込めるものがある人は、日々の生活が充実しているように見えるものですが、生き生きとしたジャニオタの様子が、楽しそうに感じる理由なのかもしれません。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年7月28日~2015年7月31日