iPhone 6/iPhone 6 Plusがキャリア各社に加え、Appleからも同時にSIMロックフリー版が発売されました。購入時の値段を考えるとキャリア版に手を出したいところですが、使い方やトータルコストではSIMロックフリーの方が安くなるケースもありますし、海外に行ったときに、安い現地のSIMが気軽に使えるのも高ポイント。中古に出しても、キャリア版より高く売れるといういいことづくめ!?でも、実際に導入する前に、確認しておきたいところをまとめてみました。

まず、素朴な疑問として気になるのは、海外で売られているものとまったく同じものかどうかですよね。海外版の方が安く手に入れられて、かつ同じものならそっちに目がいきますが……《世界のsimフリーiPhone6共通?》。どのキャリアのSIMを使うかによっても、変わってきそうですね。

メインはWi-Fiで、外出時は今使っているガラケーやiPhone4などのSImを流用して……なんて低コストでの運用も考えたいところですが、注意が必要な部分も。
《simロックフリーのiPhone6は家のネットで》《SIMロックフリーのApple iPhone6を購入して》。質問の中では具体的に提示されてませんが、プラン契約の見直しをしたり、SIMサイズをショップで交換してもらうことなどで解決できる部分もありますので(必要ならSIMサイズ変換アダプタも)、現在お使いのキャリアで可能なことを調べるのもいいと思います。

現在のキャリアの2年契約切れと同時に、安いMVNOに変更して、iPhone 6で快適に使いたい!と考えてる人も少なくないと思います。電話番号を継続するならMNPですが、その際に見ておきたいのがこちらの質問です。《SB iPhone5からSimフリーに》。キャリア間のMNPと違う部分がありますので、ちょっと注意が必要ですね。もう1つ解決策としては、切り替え間は転送電話を用意しておくという手もありますね。

海外に持っていくこと前提で、アクティベーションに関して知りたい場合はこちら。
《iPhone6 SIMフリー版について》。SIMカードが入っていて、かつWi-Fiなどでネットワークにつながりさえすれば大丈夫のようですが、念には念を入れたいときはこちらを参考に。

SIMロックフリーを使うことで、キャリアサポートのようなお任せの安心感は少なくなりますが、使用方法や金額の選択肢はぐっと広がりますし、調べて知ればそれが安心につながります。賢く便利に活用していきましょう。