4月期に放送された沢尻エリカ主演のフジテレビ系テレビドラマ『ファースト・クラス』の続編が本日スタート。今回は出版社からアパレル業界へと舞台をうつし、キャストも一変。再び残忍冷酷な女同士のマウンティングがはじまります。そこで今回は、『ファースト・クラス』で期待してる新キャストについて探ってみました。

1位:木村佳乃=廣木リカ「破壊度200%女」
2位:夏木マリ=矢野竜子「業界のゴッドマザー」
3位:篠原ともえ=新堂吹雪「コンプレックスキャット」
4位:倉科カナ=須賀さくら「キューティースナイパー」
5位:鈴木ちなみ=向井山華「ゆるフワテロリスト」
6位以降を見る

 1位は《木村佳乃=廣木リカ「破壊度200%女」》でした。沢尻エリカ演じる主人公・吉成ちなみが働くアパレルブランドのクリエーティブディレクター役を演じる木村佳乃が最も期待できるという結果になりました。木村佳乃の端整でシャープな顔立ちが冷酷な女帝を連想させるようです。2位は《夏木マリ=矢野竜子「業界のゴッドマザー」》でした。ファッション業界のゴッドマザー役を演じる夏木マリ。格好いい女性という印象が強い夏木マリが、どんな風にちなみをいたぶるのかは見ものです。3位は《篠原ともえ=新堂吹雪「コンプレックスキャット」》でした。元気キャラから一転、ドロドロとしたマウンティングの世界に飛び込むこととなった篠原ともえ。大人になった篠原ともえの演技と悪役キャラが楽しみですね。4位は《倉科カナ=須賀さくら「キューティースナイパー」》でした。明るく女らしい役を演じることが多い倉科カナが見せる冷酷なスナイパーっぷりは要チェックです。5位は《鈴木ちなみ=向井山華「ゆるフワテロリスト」》でした。フレッシュで健康的、明るいイメージの鈴木ちなみは新しいタイプの“性悪女”を演じてくれるのではないかと期待が高まっています。
 その他、前作で絶大な人気を誇った菜々緒演じる毒舌キャラ“川島レミ絵”の姉役の《シシド・カフカ=川島ナミ絵「-546℃アイスドール」》や、青柳翔(劇団EXILE)、淵上泰史、中村倫也といった貴重な男性キャストがどのように絡んでくるのかも楽しみですね。

調査方法:アイブリッジ株式会社(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
集計期間:2014年9月24日~9月25日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)