7月スタートのテレビドラマもいよいよ佳境を迎え、盛り上がりが増してきました。しかし中には当初の期待が高かっただけに「期待外れ…」と思われてしまっている作品もあるようです。そこで今回は、期待外れだった7月開始のテレビドラマについて探ってみました。

■「期待外れだった7月開始のテレビドラマ」ランキング
1位:デスノート
2位:恋仲
3位:HEAT
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《デスノート》でした。大人気漫画が原作の《デスノート》。しかし原作の設定と大きく変えた部分があったことから、原作ファンからの批判が相次ぎました。また、以前同作の実写版の主演を務めた藤原竜也と、今回主演を務めた窪田正孝とが比べられることも多く、「藤原竜也の方が断然存在感があった」という意見も目立ちました。全体的に期待外れだったと感じる人が多いようです。

2位は《恋仲》でした。最近はミステリーや社会派ドラマが多い中、あえて月9で青春まっただ中の恋愛ドラマを放送するということで、注目度が高かったこの作品。しかし実際は「盛り上がりに欠ける」という声が多く、2位にランク・イン。主演の福士蒼汰は大人気ですが、「月9の主役にはまだ早い」といった厳しい声も。

3位は《HEAT》でした。熱い人間ドラマを描いたこの作品。演技力が高く評価されているEXILE のAKIRAが主演を務めることで注目度が高かったのですが、「ストーリーがあか抜けない」「特に毎週見たいとは思わない」などクールな感想が多く、3位にランク・インしました。

このように、当初の期待が大きかった作品ほど、想像を超えなかったときのガッカリ感が強いようです。みなさんは7月開始のテレビドラマの中で、どの作品がお気に入りですか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:1,169票
調査期間:2015年7月29日~2015年8月12日