ひとつの恋愛が終わったとき、なかなか立ち直れなかった…という経験がある人も多いのではないでしょうか。多くの人は失恋したとき、どのような立ち直り方をしているのでしょうか。そこで今回は、終わった恋を忘れる方法について探ってみました。

■終わった恋を忘れる方法ランキング
1位:時が経つのを待つ
2位:新たな出会いの場に出かける
3位:恋愛以外の没頭することを見つける
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《時が経つのを待つ》でした。4割以上の人が支持したのがこの回答。「失恋したときに辛い気持ちを隠して何か別のことに打ち込んでも、結局むなしくなる」という人が多いようです。時間が解決してくれるのを待つしかないと考えている人が多数いたことから、1位となりました。

2位は《新たな出会いの場に出かける》でした。失恋したときにぽっかり空いた心の穴は、新しい出会いで埋めるしかないと考える人も多いようです。「失恋して落ち込んでいるひまがあったら次の恋愛に打ち込む!」というたくましい意見も。立ち直るには行動あるのみと考えている人も多く、2位にランク・イン。

3位は《恋愛以外の没頭することを見つける》でした。何もしていないと別れた恋人のことを思い出して悲しくなるため、とにかく何かに没頭するという人も多いようです。仕事でも、趣味でも、何かに没頭している時間は失恋したことを考えずに済むということから、このような行動に出るという人も。

このように、失恋からの立ち直り方には、時間が解決してくれるのを待つタイプの人と、積極的に次の恋愛を探しに行く人とで意見が分かれる結果となりました。みなさんはどちらのタイプですか?
調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年6月25日~2015年6月29日