インターネット上で自分の名前等を検索し、自身の評価を確認する行為のことを指す“エゴサーチ”。視聴者が自分についてどう思っているのかTwitterで書き込みをチェックしている有名人も少なくないようです。そこで今回は、毎日エゴサーチしていそうな有名人について探ってみました。

■毎日エゴサーチしていそうな有名人ランキング
1位:西野亮廣
2位:村本大輔
3位:山里亮太
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《西野亮廣》でした。お笑いコンビ、キングコングの《西野亮廣》がダントツのトップに輝きました。最近はアーティスティックな一面を見せる一方で、上から目線のイケメンキャラが何かとブーイングを受けていることでも知られています。「ネットの書き込みを見て、大人げなく反論してそう」といった声が多く寄せられました。

2位は《村本大輔》でした。Twitterで自分への批判を書き込んできた一般の人と口論になった話をテレビ番組で明かすなど、人からの意見や反応に敏感な一面を持つ《村本大輔》。「自分の悪口を書き込んでいる人を探して、逆に嫌がらせしてそう」といった声が多数あがり、2位にランク・インしました。

3位は《山里亮太》でした。根暗で心に闇を持つことで知られている《山里亮太》。アイドルのつぶやきやブログをくまなくチェックするほど毎日ネットを見ていることから、「自分の評価も調べていそう」「悪口に対して一人で“バーカ”とつぶやいていそう」という声が多く、上位にランク・インしました。

このように、不安定な心理状態を感じられるお笑い芸人が上位を占める結果となりました。みなさんは、どの有名人がエゴサーチしていそうだと思いますか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年6月24日~2015年6月26日