アニメが好き。旅行も好き。そんな方にオススメしたいのが、海外のアニメイベント参加です!

日本のアニメが海外でも人気で、フランスで開催されるジャパンエキスポは毎年数万人の動員を誇る、なんて話を聞いたこともある人がいるのではないでしょうか。もちろんフランス以外にも、たくさんの国で日本アニメを中心としたイベントは開かれています。

私はフランス、アメリカ、ルクセンブルク、ウィーン、台湾、シンガポールなどのオタク系イベントに"ただの観光客"として参加してきた旅行好きの二次元オタクです。そんな私が、海外イベントに参加してきたお話をしたいと思います。

※海外アニメイベントはココが面白い!…【元記事】よりすべての画像付きでご覧いただけます

■シンガポール「Chara Expo」はアニメ、カードゲーム、そしてプロレスの祭典!
今年、シンガポールで開催された「Chara Expo」というイベントに行ってきました。こちらのイベント、なんと記念すべき第一回目。主催はカードゲームのテレビCMでお馴染みのブシロードです。

海外イベントを日本企業が主体となって開催するのは珍しいな、と興味を惹かれて参戦してきました。ちなみに、シンガポールでは毎年AFAというアニメ系イベントがありますが、そことはまた別のイベントです。

シンガポールの玄関口チャンギ国際空港から、MRT(シンガポールの電車路線)で一駅のExpo駅。そこにあるSingapore Expoという会場です。早速、日本でのテレビCMでもお馴染みの「カードゲームしよっ」の女の子がマーライオンを被ったビジュアルがお出迎えです。うん、いいぞ! いきなり素敵だ!

(CMでおなじみの「カードゲームしよっ」の女の子がシンガポールに!:元記事に画像あり)
イベント開催時間は朝は10時から夜は18時まで。入場料は8SGD(だいたい750円)。物価が東京より高いシンガポールにおいては、安いと感じる料金設定で、実際日本では小中学生ぐらいの子供たちだけで参加しているグループもかなりいました。


そして入ってみると……。えっ、プロレスリング!? アニメのイベントなのに!? さらに、会場の3分の1くらいはカードゲームの対戦テーブルだらけ!? 今まで見てきたアニメイベントとは全然違う! 国内でだって、アニメのイベントでは見たことがない景色が広がっていました。


■レアグッズが手に入ったり、人気アニソン歌手の生歌を聴けたり

(多くの参加者がグッズを手に楽しそうな表情!:元記事に画像あり)

プロレスリングとカードゲームテーブル以外のスペースは、トークショーや音楽ライブを行うステージと、物販を中心とした各社のブース。

物販やライブステージが目立つのは、私が参加したなかではどこのイベントでも(多少の差こそあれ)だいたい同じです。

プロレスリングも気になるところですが、まずは多くの海外イベントで共通の物販&ステージの楽しみ方からご説明しましょう。

物販は多くが日本から出張してきている会社です。例えばアニプレックスやグッドスマイルカンパニーなど、日本のアニメファンにもお馴染みの会社。

同じものを日本で買うより輸送費のぶん割高ですが、日本ではもう売り切れていたものが見つかったりする嬉しい発見も! こういうイベントでは全世界最速販売開始のグッズもあったりします。他には、現地のグッズショップが出ていたり、公開予定の新作アニメ・ゲームのPVを流すブースなどなど。

でもオススメなのはやっぱりステージイベントと、各社のブースで行われるミニイベント。

今年のChara Expoは入場券があればステージのコーナーにはそのまま入れました。他国のイベントでも入場券だけで入れたり、あるいは別のチケットが必要だけど当日買えたり、というのが結構多い印象です(もちろん事前にSold outのこともありますが)。

日本ではチケット争奪戦になるようなアニソン歌手やアイドル声優のライブを、手軽に見られるというのは嬉しいです。まだまだ日本のファンほど統率(?)がとれていないので、ペンライトの振り方もおっかなびっくりしながら、でも超が付くほど笑顔で楽しむ現地のファンと楽しむライブはいいものです。

ただ、言葉の壁もありますので、無用なトラブルにならないよう声援を送る際は周囲には気をつけて下さいね。今回は綾音ましろさん、愛美さんなどのステージが整理券なども無しですぐに見られました!


■海外イベントの醍醐味は、ゲストと参加者の距離が近いこと

(GAROのブースでいただいた監督と声優さんのサインです。超嬉しい。:元記事に画像あり)

ステージではライブ以外に、日本から招待したアニメやゲームのスタッフや声優によるトークも多いです。

海外まで呼ばれるくらいなので当然、日本でも相当に有名な作品の関係者。遠くまで来たことで気が大きくなられるのか、日本のイベントやアニメ誌ではまず出てこないような"ぶっちゃけ話"が聞けたりして、ファンとしてはすごく楽しめます。壇上の通訳さんが異様に物知りだったりして、そこにもビックリしたりとか。

そして、パンフレットや現地の案内板でぜひチェックして欲しいのが「Autograph Session」。日本語でサイン会のことです。

前述の招待されたスタッフや声優の方々が、それぞれの会社のブースでサイン会をすることが多くあるのです。だいたいは各ブースのところに「Autograph Session 14:00-15:00」みたいに書いてあります。が、事前に十分な宣伝はされないこともあるので、終了近い時間になるとあまり並んでいなかったり……。

空いているときは並んでしまいましょう! サインをしてくださる方も「日本から観光で来たんです」というと驚かれたりしますが、ずっと片言の英語や現地語で対応されてきたところに日本語が通じる人間が現れたことで、ホッとしたのか素敵な笑顔を見せてくださったりします。

このChara Expoでもちょうど毎週見ていた好きなアニメの監督&声優さんのAutograph Sessionがあったので、ちゃっかりいただいてきちゃいました。声優さん、声だけでなくお姿も可愛らしい方で、間近でお話出来て幸せでした……。

もちろん、現地のファンの方々のために開かれているイベントです。自重しつつ、余裕がありそうなところを見計らって、という奥ゆかしさをお忘れなく!

私みたいな日本から来た奇特な観光客にも優しいくらいなので、現地のファンには言わずもがな。

ゲストと一般参加者との近い距離での交流があちこちで見られます。こういう空気感、日本のアニメイベントだとなかなか見られないので、ぼんやり見て回るだけでも新鮮で楽しいはず!


■プロレスって案外アニメっぽいのかも


(きらびやかな異国の都市に来ても同じ気持ちが味わえる喜び!:元記事に画像あり)

この辺で一般論を終えて、Chara Expoならではの風景を。

私自身はカードゲームはほとんどプレイしないのですが、会場の多くの面積を占める対戦テーブルが開催中ずっと大盛況なのには非常に心を打たれました。日本企業が作ったカードゲームを異国の少年達が真剣にプレイしている……。うまく理由を説明出来ませんが、きっと見れば感動するはずです。

そして、このChara Expoで一番印象的だったのは、新日本プロレスリングの試合が超が付くほどの大盛況だったこと。まさに黒山の人だかり。夕方からでしたが、この時間のお客さんはほとんど全てがリングに集まっていたんじゃないかと思うほどでした。

棚橋選手、岡田選手、獣神サンダーライガー選手などスター選手そろい踏み。昼にはシンガポールプロレスリングの試合もあったのですが(シンガポールにもプロレス団体があるんです)、その現地のレスラーよりも何倍も声援を集めていたのです。

私はさほどプロレスに興味があるほうではなかったので「アニメやゲームのイベントなのになんでプロレス?」と思ったのですが、見てみて納得。意外と、アニメっぽい要素もあるのだな、と感じました。

まず、筋肉をまっとった巨体が、リング狭しと駆けたり舞ったり組み合ったりする様は、単純にすごく迫力があります。またプロレスの常として、技を受けると痛そうにし、技が決まれば堂々たるアピールをし……などなど、表情でも魅せる。変な言い方ですが、デフォルメされた表現で繰り広げられる格闘ショーなのかもしれないな、と感じました。本物のファンの方には怒られそうな感想ですいません。

そんな魅力は現地の人にももちろん通じます。一部の濃いプロレスファンが"作法"に則って声援を送れば、周囲の参加者も見よう見まねで同じ声援を送り、気がつけばリングの回りは大変な熱気で包まれれる。そんなことの繰り返しです。

そんなリングを取り囲む人々は、コスプレをしていたり、『ラブライブ!』のキャラがでっかくプリントされたTシャツを着ていたり、グッズがぱんぱんに詰まった袋を持っていたり……。日本ではあまり見られないような光景が繰り広げられていたのです。不思議だけど、すごく素敵でした。


■アニメやゲームの何が素敵なのか、そこに気づけるかも
外国でアニメやゲームを楽しんでいる人たちを見ると「キャラクターがカッコいい」「衣装が可愛い」「映像がクールだ」と、わかりやすいところをわかりやすく楽しんでいる、という印象を受けます。もちろんマニアは世界中にいるので、日本のファンよりもディープに細部にこだわっている人もいるのですが。

でも、イベントに行って印象に残るのは、やっぱり「ごく普通に」楽しんでいる人たちです。

そんな経験をすると、もう一度シンプルにアニメやゲームを好きになれると思います。それは始めてオタクに開眼したときのような、ワクワクした気持ちがもう一度戻ってくるということ。楽しいと思いませんか!

(入場者全員がもらえる手提げ袋には、告知チラシやちょっとしたお土産が。:元記事に画像あり)


■もちろん普通の観光も

(高層ホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」の屋上バーでシンガポールスリングを飲んでみたり。:元記事に画像あり)

日本のアニメイベントが開かれるような場所は、通信インフラが充実していて、趣味のお店も存在するような文化豊かな都市です。ですので、もちろんイベント以外にも観光スポットはたくさん。普通の海外旅行にプラスワンするような感覚でイベントに参加出来ると思います! シンガポールならマーライオンとかカジノとか色々あります。

必要なのは、入場チケットの買い方を公式サイトで調べるためのちょっとの英語読解をがんばるだけ。Google翻訳があれば大体OKです。ぜひ、"ついでにアニメのイベントに行く"という海外旅行をしてみては?

(再入場のためのスタンプが押された私の腕。来年も行きたい!:元記事に画像あり)


ぼっち旅行舎