現代において衣服は、お金を払えば比較的スムーズに入手しやすいアイテムです。しかし中には、特定の職につかないと着られないものや、特別な機会にしか着ないレアな衣装も存在します。今回は「人生で一度は着てみたいと思う服」について、20代から30代の男性の皆さんにアンケートをとってみました。

■男性に聞いた、人生で一度は着てみたいと思う服ランキング
1位:タキシード
2位:警察官
3位:消防士
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位には《タキシード》が選ばれました。《タキシード》とは、男性の礼服の中でも、夜に着用することが多い礼服です。黒い蝶ネクタイをしめるところが特徴であり、晩餐会や観劇の初日など、フォーマルな場に行くときに着用します。ちなみに結婚式は、新郎側とゲスト側、ともに《タキシード》を着るチャンス。新郎側なら結婚式の衣装選びのときに、ゲストなら招待状に「ブラックタイでお越しください」とあったときに、《タキシード》を着てみてはいかがでしょうか。

2位には《警察官》がランク・イン。《警察官》の制服は、子供時代から憧れることも多い制服ですよね。実は警察署が行っている職業体験セミナーでは、制服の試着ができることもあるのだとか。「本物を着てみたい!」という人は、警察署の行事案内に注目してみては。

3位は《消防士》でした。《消防士》の制服も《警察官》の制服と同じく、防災学習センターや防災イベントで試着できることがあります。地域の防災イベントをチェックしてみるといいかもしれませんね。

ランキングには同率10位《セーラー服》や12位《メイド服》など、驚きの服までランク・インしています。皆さんはどの服を着てみたいと思いましたか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:20~30代、男性250名
調査期間:2015年6月24日~2015年6月26日