植物性タンパク質で低カロリー、鉄分やカルシウムを多く含むヘルシーな飲み物として、女性を中心に人気の豆乳。最近では、胎児へのアレルギーの影響を懸念し、牛乳よりも豆乳を多く摂取する妊婦さんも多いようですが、逆に、妊娠中は飲むのを控えるべきということを知っている人は少ないと思います。

女性ホルモンの働きをするイソフラボン

大豆イソフラボンは、大豆の胚芽に含まれるフラボノイドの一種で、女性ホルモンのひとつ、エストロゲンに化学構造が似ていて、体内に入ると、エストロゲンとして女性ホルモンの役割を果たします。

大豆イソフラボンが、更年期障害や骨粗しょう症など高齢の女性に多い病気を緩和するのに効果を発揮するといわれるのはこのため。一般の若い女性(更年期前)は、あえてイソフラボンを積極的に摂取する必要はないのです。

ホルモンバランスの偏りが胎児に影響?

女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類で、女性の生理・妊娠・出産をコントロールします。特に妊娠すると分泌量が一気に増加し、母体や胎児の成長をサポートする重要な役割を果たすのですが、妊娠中に豆乳をたくさん飲むと、イソフラボン=エストロゲン量だけが一方的に増加することに。このホルモンバランスの乱れが原因となって、胎児の発育に悪い影響を与える可能性があるといわれているのです。

また、大豆イソフラボンを含むフラボノイドは、胎児のDNAの構造を正常に保つトポイソメラーゼⅡを阻害し、異常を生じさせる可能性があるとされています。

妊娠中の追加摂取は不要

内閣府の食品安全委員会は、食事から摂る大豆イソフラボン(大豆イソフラボンアグリコン換算値)の摂取目安量の上限を1日70~75mg、そのうち特定保健食品として追加摂取する場合の上限目安量を1日当たり30mgと評価しています。

そして、あまり知られていませんが、妊娠中(妊娠の可能性がある人)の食事以外からの追加摂取は推奨しない(不要)と発表しているのです。

ちなみに、アグリコン換算値とは、体内に入る大豆イソフラボン量のこと。大豆イソフラボンは元々、糖が配合された形で存在していますが、腸内で糖が分離され、アグリコンとして体に吸収されます。

大豆食品も適量を心かげて

ところで、イソフラボン1日の目安摂取量70~75mgってどれくらいかご存知ですか? 普段の食事に換算すると、納豆1パック(50g)で約36.8mg、豆腐1丁(300g)で約60.9mg、味噌大さじ1杯(18g)だと約8.9mg。元々、日本食には大豆食品が多いため、普通に一食分の和食を食べるだけで、1日に必要なイソフラボンの量を簡単に摂取することができるのです。

豆乳の場合は、200mlで約49.6mg。朝、昼、晩、続けて飲むと、目安量を軽くオーバーしてしまいます。とはいえ、1日や2日程度、摂取量が増えた位では影響はないですが、普段の食生活の積み重ねが原因となる場合もあるので注意が必要ですね。

体に良いイメージで、ついつい摂取量が多くなってしまう大豆食品ですが、妊娠中の過剰摂取は意識して避けたほうがよさそうです。何事も適量が大切です。偏りをなくし、バランスのよい摂取を心がけましょう。

<参考サイト>
内閣府食品安全委員会 
大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A
お母さんになるあなたへ

厚生労働省
大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A

農林水産省
大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A

【関連記事】
  • 大豆イソフラボンは女性の味方のはずだけど…、妊婦さんは豆乳の…
  • 【アラフォー妊娠ライフ】妊娠6ヵ月・プレママクラスで“親”デ…
  • 新・万能調味料 「塩トマト」でさっぱり&こくうま
  • 苦いけどおいしい!「ゴーヤ」で夏バテを乗り切る!
  • 産んだらなんとか…なりません! 知ってる人からはじめている産…