みなさんこんにちはCHIEです。夏と言えば怪談!この時期になると心霊特番が盛り上がりますよね。「怖い話をすると霊が寄ってくる」とかよく言われていますが、これは本当です。
それに気付く人と気付かない人の個人差があるだけで、霊感が全くゼロという人はいないと私は思います。

元記事はコチラからご覧いただけます

【霊感テスト】
いきなりですがここで、霊感が強いかどうかのテストをします。

Q.『昨日食べた晩ご飯は何でしたか?』

こちらはすぐ浮かぶかどうかよりも、どのように思い浮かんだかがポイント!頭に浮かんだ映像が晩ご飯だけでなく、晩ご飯を食べている自分の後ろ姿を含めて、やや俯瞰で浮かぶ人は霊感が強い人と言われています。
これを私のまわりにいる“見える人”にやったらほぼ100%!みんな遠くから自分を見ている映像が浮かんでいました。霊感が強い人は常に自分を上から見下ろして見ているビジョンがあるので、道に迷わないのも特徴です。


【霊が見えるようになるトレーニング】
逆をとれば霊感が強くなりたい!霊を見てみたい!という好奇心旺盛な勇者の方は、ものの見かたをちょっと変えてみると見えるようになると思います。
結構勘違いされているのですが、霊は直視できません。視界の端に見える感じです。そこを意識して見る練習をしましょう。この視界ギリギリの端っこを『死角』といい、漢字からも読み取れるように「死後の世界と接している」という説もあって、不思議なものが見える場所とも言われています。みなさんもこの霊トレ、やり続けたら霊能力者になれるかもしれませんね。


さて、そんな霊トレをやり続けた人や、もともと霊感が強い人が恐れるべきものは憑依です。私も結構憑依されやすいのですが、霊が憑いている時は自分ではあまり気付かないもの。
私の体験から、【霊が憑いている度チェック】を考えたので皆さんも当てはまるかチェックしてみてください。

【1】肩凝り、頭痛がする
そこに霊がくっついている訳ではなくて、首や肩は気の出入り口なので霊が憑くと痛みとして反応するのです。

【2】電化製品が立て続けに壊れる。
電化製品は霊の影響を受けやすいです。故障とまではいかなくても誤作動も霊の仕業の可能性が高いです。
よくあるのが地図アプリ。アプリを開くと、原宿にいるのに青山霊園を指していたり・・・こんな時は霊に呼ばれているのかもしれません。

【3】異様に眠い。
いくら寝ても眠気が取れない時は、霊に憑かれているサイン。睡眠状態にさせて身体を支配しようとします。金縛りとかまさにそうです。

【4】見たくないものが目に入る。
霊に憑かれている時は自分の波長が下がっている時なので、低い波長同士引き合い、悪いものが自然と目に入ってきます。例えば事故の現場を目撃したり、冷蔵庫の中で腐ったものを発見したり、玄関先に金魚の死骸が落ちていたり・・・(←私の近況報告。)見たくないものを見てしまうことが多発する場合は注意が必要。あるある!と心当たりのある方は波長が下がり気味で霊を引き寄せやすいかもしれません。

【5】打ち間違えが不吉
同じく見てしまう系で、携帯の予測変換や打ち間違えが不吉な時も要注意。「今日」と打とうとすると『凶』と出てしまったり、「例の」と打ったつもりが『霊の』になってしまった場合は完全に黒です。

以上の項目で半分以上当てはまる方はもしかしたら憑いている度が高いです。半分以下なら憑かれているのではなく、単に疲れているだけかもしれません。


【憑依された時の処置】
もしかしたら憑いているかもしれない・・・そんな時はどうすれば良いか。最近ではファ○リーズが除霊効果ある!と話題になっていますが、お線香・アロマ同様に、香りは盛り塩よりも効果的な気がします。霊が近づいていると感じたらシュッとひと吹き!しつこいニオイには効きますが、しつこい霊に効くかどうかはわかりません。

きちんとしたプロの方に相談しましょう。素人判断でやると危険ですからね。私もいつも憑依された時はお寺さんにお願いしています。


今回ご紹介したのはあくまで私個人の感覚です。これから夏も終盤に差し掛かって怪談ライブが増えたり心霊系のイベントが増えてきたりしますが、行く際にはぜひ参考にしてみてください。

事務所の先輩でありオカルト好きの瀬戸康史さんと、怪談芸人のありがとうぁみさんと『怖い話をしながらごはんを食べる会』をしました(笑)。霊って怖いけどやっぱり面白いですよね。


(スピリチュアル女子大生CHIE)


※すべての画像は元記事をご覧ください。(元記事は下部の関連記事からご覧いただけます。)