連日、日本中で猛暑が続いています。自宅や職場、移動に使用する車や電車などでもクーラーが効いていて、涼しく快適に過ごせるようになっています。

とはいえ、暑い中を歩いてきた人には快適な電車でも人によっては寒く感じますし、職場は背広姿の男性に合わせた設定温度になっていて、オフィスワークの女性には寒すぎるという話もよく聞きます。このように、夏のクーラーは女性の冷えの原因になりかねないのです。

こんな症状に気づいたら

最近、こんな症状がありませんか?
・頭痛
・肩こり
・全身のだるさ
・足のむくみ
・手足の冷え
・下痢や腹痛
・食欲不振

もしかしたら、クーラーの冷えが影響して症状が出ているかもしれません。症状を感じる方で、職場や家庭環境のクーラーが効きすぎて寒く感じることがある方は、要注意です!

「クーラー冷え」の予防・対処法

クーラーの設定温度を調整できる場合は、基本的には27℃前後で設定しておき、外気温との差が5℃前後になるようにしておくといいでしょう。外気温との差がありすぎると自律神経の乱れが起きやすく、症状が悪化する可能性がありますので注意してください。

設定温度が変えられない職場などでは、薄手の腹巻がイチオシ!カーディガンを1枚羽織るよりも、腹巻を使う方が保温効果が高いことは実験研究などによりわかっています。深部体温を下げないように、お腹を温めることは体調管理に一番大切なことです。

それ以外にも、くびれているところを温めること。足首、ウエスト、首、いずれも、素肌を出さないように冷えない工夫が必要です。

夏になると、サンダルに素足の女性が多いですね。ファッションとしては素足の方が素敵かもしれませんが、健康的には良いとは言えません。素足に近いストッキングをはいたり、クーラーの部屋ではレッグウォーマーや靴下で温めることができます。首も、できることならオシャレにストールやスカーフで温めておくことをオススメします。

冷えのせいでむくみや肌のくすみも

体が冷えている方は、全身の循環が悪くなり、むくみやお肌のクスミ、だるさを引き起こしやすくなります。漢方でも、冷えているとどんなお薬も効果がなくなると言われるほど、冷えの改善が必要!

1日の終わりはシャワーで済ませず、38℃~40℃くらいのぬるめのお湯で入浴して、日中に冷えた筋肉をほぐしてあげてください。リラックス効果もあり、冷えも解消し、元気が回復します。

暑い夏、熱中症対策も大切ですが、クーラーによる冷えも対策が大切です。


伊藤弘野(いとう・ひろの)
月経前症候群(PMS)を研究し、 女性外来でPMSカウンセリングを行いながらカウンセリングルーム心音(COTO)を開設。保健師・臨床心理士として心と体の両面から元気になれるサポートをしたいと独自の視点で予防的カウンセリング、Happy Lifeコンサルを提供。

【関連記事】
  • PMS(月経前症候群)セルフケアをする前にチェック!【カウンセリングルームから】
  • 梅雨時に多いPMS(月経前症候群)と頭痛の対処法【カウンセリングルームから】
  • 心が折れそうなときは「レジリエンス(逆境力)」で乗り越える【カウンセリングルームから】
  • 「うつかも?」そんなとき受診するのは、精神科?心療内科?心理カウンセラー?
  • 新環境で大変なとき、気分を変えてHappyに過ごす方法【カウンセリングルームから】