この時期気をつけたいのが日焼け。紫外線はシミやシワをはじめとした肌の老化を引き起こしてしまいます。しかし体への悪影響はそれだけではありません。長時間強い日差しを浴びることで、様々な病気につながってしまうことも。そこで今回は、日焼けが原因で引き起こされる怖い病気について探ってみました。

■日焼けが原因で引き起こす可能性がある病気の中で怖いと思うものランキング
1位:日射病
2位:熱失神(熱中症)
3位:熱けいれん(熱中症)
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《日射病》でした。子どものころ、夏の外出時に「日射病になるから帽子をかぶりなさい」と言われた経験がある人も多いかと思います。《日射病》は全身の倦怠感、吐き気、あくびから始まり、頭痛や意識障害なども起こす可能性があるコワイ病気。今まで軽く聞き流していた《日射病》が、改めてコワイと感じた人が多く、1位となりました。

2位は《熱失神(熱中症)》でした。ここ数年、熱中症注意の呼びかけがテレビでも多く見られるようになりました。《熱失神(熱中症)》とは脳へ運ばれる血液量が減り、めまい、たちくらみ、失神が起きる症状。失神してしまう可能性があると聞いて、想像以上のコワさに驚く人が多く、2位にランク・イン。

3位は《熱けいれん(熱中症)》でした。熱中症の症状のひとつであり、汗をたくさんかくことで電解質のバランスが崩れ、足、腕、腹部などの筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。特に暑い日のスポーツ時に水分を補給しないとなりやすいので注意が必要です。《熱けいれん(熱中症)》という言葉をはじめて耳にしたという人も多く、3位にランク・インしました。

このように、日焼けが原因で引き起こされる病気は、想像以上にコワイものが多数存在します。まずはしっかりと日焼け対策やこまめに水分補給をすることが大切です。みなさんは、普段どのような日焼け対策をされていますか?
日焼けが原因で引き起こす可能性がある病気の中で怖いと思うものランキング

画像:goo画像検索

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年6月24日~2015年6月26日