今から5年後の2020年7月24日(金)、2020年の東京オリンピックは開会式を迎えます。あと5年…選手としてはムリだけど「ボランティアとして参加してみたい!」と思っている方は多いのではないでしょうか。

※ボランティアで何がもらえるの?…【元記事】より画像・動画付きでご覧いただけます

また、開幕5年前に際して大会の「エンブレム」も発表されました。
新国立競技場が白紙に戻ったり、東京の「観光ボランティア」のユニフォームが酷評されてしまったり、何かと停滞感の強い五輪の準備。けれどエンブレムの決定で、大会で使用する様々なビジュアル、関連商品、「大会ボランティア」のユニフォームなども一気にデザイン・制作が動き出すと思われます。

そこで、
日本で行われた一番直近のオリンピック=長野冬季オリンピック(1998年)
の時はどうだったのか、「物」を中心に振り返りつつ、「東京2020のボランティア」で手に入る物を占ってみたいと思います。

実は筆者、長野オリンピックの時にスノーボードの会場で働いていたので、戦利品の数々を「実家という名の倉庫」から引っ張り出してきました。現地のボランティアの実情や経験談を交えつつ一挙公開!します。


■ユニフォーム

(ユニフォームの写真:元記事)

ボランティアで参加する時に気になるのは、やはりユニフォームですよね。右が長野五輪の時のフリース、左はアウタージャケットです。フリース全体に散った「まだら模様」は大不評でしたが、大会が閉幕する頃には何故かみんな愛着がわいていたという不思議…。

ちなみにジャケットの背中側、腰の辺りには五輪マークと「NAGANO 1998」という文字が。
ジャケット内側には「オリンピックムーブメント」の精神と環境保全に対するメッセージが付いています。

(メッセージの拡大写真:元記事)

下の左は大会エンブレムの「スノーフラワー」、右は当時IOC(国際オリンピック委員会)会長だったサマランチ氏のサインです。

このほか、
●帽子(ジャケットと同素材・同柄のキャップ)
●パンツ(ジャケットと同素材で袖部分と同じカラーリング)
●手袋(黒いフリース素材)
が支給されたはずなのですが、失くしてしまったのか発掘できませんでした。

しかし!は一度も履いてない「箱付きデッドストック」として発見。

(靴の写真:元記事)

かかとに輝く五輪のマーク付き。
これらのユニフォームはミズノ製で、短期間とはいえ雪山の過酷な現場での使用に耐えられるよう、しっかり作られていました。


筆者はIOCやNAOC(長野オリンピック組織委員会)からは大会運営に関る「ボランティア=Team’98」の一員という認識だったようで、ボランティアのユニフォーム一式をもらいました。

が、厳密に言うと純粋なボランティアではなく、日本IBMのアルバイトのような形で、同職の30人ほどと共に五輪前年の8月に長野入りしました。

仕事の内容は、競技結果を処理する「リザルトシステム」を本番前までに構築するため、疑似データを流してのテスト業務。そんなワケで、本番は会場に行くか帰宅するか未定の段階で何故か本国IBMからもユニフォーム一式が送られてきました。

それがこちら!!

(IBMユニフォームの写真:元記事)

久しぶりに着てみたら…暑い!!!
「消防服か!?」とツッコミたくなるくらい分厚い生地で頑丈…なのはよいのですが、USサイズで大きすぎ、仕事するには動きづらくて結局1、2回しか着ませんでした。

しかも背中に入った豪華すぎる総刺繍!!
このデザインもちょっと恥ずかしくて着用をひるむという結果に。逆にモノ自体はデサント製で「スキーウェア」としては申し分ない高品質。大会後にこれを着て滑り、ゲレンデの視線を集めている人も見かけました。


長野は冬季でしたが、2020年の東京オリンピックは酷暑の中での開催になるので、いかに涼しく、動きやすく、日本人好みのユニフォームが作れるかがカギになりそう。

ボランティア動員数も長野3万2000人に対して8万人規模と言われているので、シンプルな「Tシャツまたはポロシャツ」「帽子」くらいであとは自由ということになるかもしれませんね。ちなみにこちらはIBMにもらったTシャツとポロシャツ。ちょっとシンプルすぎますが…。

(IBMの五輪Tシャツとポロシャツの写真:元記事)

■IDカード

ユニフォームと同様、1人1つずつ必ずもらえるものにIDカードがあります。
オリンピックでは「アクレディテーションカード(資格認定証)」と呼ばれ、これが無ければユニフォームを着ていても絶対にベニュー(会場のこと)に立ち入れません。それにしても17年分の黄ばみがスゴイ…。

(アクレディテーションカードの写真:元記事)

左がカードの表、右が裏です。
自分の担当外のベニューは立入禁止で、カード下部にピクトグラムで担当競技が表示されます。筆者の場合はスノーボードのハーフパイプとジャイアントスラロームのみ。

大会3ヵ月前くらいには発行されるアクレディテーションカードですが、大会閉幕ごろにはずっしり重くなります。オリンピック恒例の「ピンバッジ=Pins」交換の台紙代わりにもちょうど良いのです。

(交換したピンバッジの写真:元記事)

ボランティアをやるには「英語ができないと」と思っている方も多いかもしれませんが、外国語を使わない裏方仕事の方が圧倒的多数な気がします。実際、筆者の仕事でも英語を使ったのはピンバッジ交換の時くらい(笑)。

しかも相手のピンバッジを指差し“Nice Pin!”などと褒めそやし“Exchange,please”とお願いするだけ。この方式でどんどんレアなピンバッジを集めていく「わらしべ長者感」とお手軽コミュニケーションにハマる人が続出して、筆者の場合はこうなりました。

(ピンバッジ付きアクレディテーションカードの写真:元記事)

ボランティアをやらなくても、オリンピック・パラリンピック期間中は街中でもピンバッジ交換が盛んになるので、ぜひともたくさんの人にPinsコミュニケーションを楽しんでもらいたいなと思います。


■現地でしか入手できない物

(公式新聞と選手リストの写真:元記事)

大会開催エリアでは毎日、新聞が発行されます。内容は主に前日の競技結果が、日本語とオリンピックの公用語である英語、フランス語で書かれたもの。
また、各ベニューではその日の競技に出場する登録選手をプリントしたリストが配布されます。これらを配っている人たちもボランティアです。

新聞を開くとこんな感じ。長野から17年経って完全にデジタル社会になりましたが2020年にも新聞は発行されるのでしょうか。

(公式新聞の中面写真:元記事)


次は筆者が出力した「リザルトリスト」です。
全選手の競技結果が出ると即座にデータは順位順に並べ替えられるので、それを確認して会場内のスコアボードとテレビの画面に送信、会場内のプレスルームなどのプリンターに一斉に出力します。

データに間違いがなく、ジュリー(審判長などその競技の最高責任者)からも異議がなければ、他のベニューや長野市内など中広域に送信(同時にピンク色の用紙に印刷)。
さらに世界中に配信することとなり、世界配信と同時に黄色い用紙に印刷されて、これが確定した“FINAL”リザルトとなります。

(リザルトリストの写真:元記事)

スノボチームで一緒に働いていたボランティアスタッフと、世界に向けて配信ボタンを押す時(上記写真の黄色いリスト出力時)、「さすがに手が震える~」と言いながら出力していました。とても懐かしい…。


リザルトデータは世界中から来たメディアの「コメンテーター」用端末にも送られます。下の写真は端末の操作マニュアル。各国のコメンテーターブースをまわり、端末の案内や機器の不足・不具合がないか等のヒアリングもボランティアが担当します。

(コメンテーター用端末操作マニュアルの写真:元記事)


■ボランティア参加証、卒業アルバム…

長野オリンピック・パラリンピック終了1年半後、なかば記憶が薄れかけたころにNAOCから1通の封書が。
中には真っ白い厚紙の二つ折りバインダーが。添えられたお手紙によると、NAOCが清算業務を終えて完全に解散したことの報告、事務総長であった小林実氏からのお礼とご挨拶、サマランチIOC会長からもお礼の言葉を届けるとのこと。

(参加証の写真:元記事)

バインダーを開くと左側は「オリンピック競技大会への参加証」、右側は「ボランティア参加証」「1998年 第18回 長野オリンピック冬季競技大会にTeam’98のメンバーとして参加されたことを証する」と記載されています。


さらに、オリンピック終了後の記念品はIBMからも。シルバーの大きめピンバッジ3種セット。シリアルナンバー入り・額縁付きスタンド仕様でなかなかオシャレな一品です。

(ピンバッジセットの写真:元記事)


こちらは何と「卒業アルバム」!!サブタイトルに「長野オリンピック・プロジェクト 6年の歩み」とあり、準備に6年間かけてきたプロジェクトを総括するものとなっています。

(卒業アルバムの写真:元記事)

中身はまさに「卒業アルバム」そのもの。プロジェクトの概要紹介や担当競技・所属部ごとの集合写真が溢れていて、今となっては良い思い出に浸れる一冊です。

せっかくなので、このアルバムからスノーボードチームの仕事場を紹介しましょう。
オリンピックをテレビで見ていると、ゴール地点の横や向かい側などにプレハブの建物が映ったりしますよね。あの中の一室が下の写真です。

PCモニターの背後の窓、その外にはハーフパイプがあるのですが、すべての窓には全面ポスターが貼られ、残念ながら競技は1分1秒たりとも見られません

競技の結果はPCモニターの文字表示でしか見ていないので、業務が完全終了してダッシュでゲレンデに行き、まだ残っていた選手と記念撮影してもらったらその彼が金メダリストだったことを夜のテレビニュースで知るという一幕もありました。

ちなみに左から2番目の赤いトレーナーが筆者ですが、このとき何を見ていたのかは定かではありません…。業務終了後のスナップなので競技でないことは確か。



五輪ボランティアでもらえる「物」を中心に見てきましたが、色々な仕事があることも伝わったでしょうか。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックのボランティアは2016年から募集・登録が始まるようです。応募はインターネットからが中心になりそうですが、長野五輪のときは信州大学に動員がかかったそうなので、学校経由で申し込むというケースもあるかもしれません。

筆者の場合はいつ・どこから応募したかというと、オリンピック前年の1997年4月くらいに、たしか転職情報誌の「とら●ーゆ」などに載っていた募集広告からだったと記憶しています。

広告には「五輪」「オリンピック」という表記はなく、「4年に一度の」「国際的な」「スポーツの祭典」、そんな言葉と「勤務地:長野」とだけ書いてあったと思います。オリンピック期間中、現地で何か仕事がないか探したいという方は参考にしてみてくださいね。


(スージー小江戸)