こんにちはCHIEです。いきなりですが、最近心理学にハマってます。日ごろ人から相談を受けることが多い私ですが、ただ人を占うだけでなく、相手の心ともっと向き合って良いカウンセリングができるようになりたい思い、最近セミナーを受けています。そんな中、心理カウンセラーがやっているカフェがある、という情報を聞きつけて、早速行ってきました。

お店の名前は『ココロゴトカフェ』。場所は大都会の中心、渋谷。渋谷駅から宮下公園方面に3分ほど歩いた所にある、明治通り沿いの路面店です。カフェのスタッフが全員、全国心理業連合会公認のプロフェッショナル心理カウンセラーの資格をもっているという日本で唯一の“心と向き合うカフェ”です。2015年6月12日渋谷にオープンしたばかりということで店内は新しい雰囲気でとっても綺麗。もっと怪しい雰囲気かと思っていたら、POPでカラフルな内装でとても居心地良いです。

全ての「ココロゴトカフェ」の画像を見るには元記事へ

【色で選ぶメニュー】

実はこのカラフルな内装にも意味があって、色彩心理学を用いているんです。メニューもカラフルで、そのときの気分や心の状態に合わせて「赤・黄・青・緑」の4つのテーマから食事を選べる仕組みになっています。選んだメニューの色で、今自分が一番求めていることがわかるんですよ。
ちなみに私は「太陽色のフルーツスムージー」と、「エビとアボガドのフルーツサンド」を注文しました。黄色は心がワクワクしている時らしく、まさに今の気分にぴったり。なんとなく選んだメニューも、見た目の色に左右されていて、影響されているんですね。


【ごはんを食べた後は「ココロトーク」で遊びながらカウンセリング体験】

食事メニューの他に目につくのはこの、「ココロトークメニュー」。3種類のカウンセリングを実際に体験することができ、各30分3,000円です。どれも楽しそうで悩んだ末、今回は「クレヨンでトーク」を選びました。何もない白紙に自由に描いた絵で、自分の心理と可能性が表れるんですって。

自由にって難しいですが、私は直感で頭に浮かんだ絵を描きました。超メルヘンチック~な絵に!!私、愛に飢えてるのかなぁ(笑)なんて思いながら待つこと5分くらいでカウンセラーさんが席にやってきて、さっそくカウンセリング開始。


『ちえさんは、凄くバランスというものを気にする人で、知情意の調和を保とうとする人ですね。』

!!!!!

絵柄的に優しいとか、あたたかい人とか言われると思ったからカウンセラーさんの第一声にびっくり。気付かなかったけどよく見ると無意識でシンメトリーにしています!!バランスかぁ・・・確かに結構気にするタイプな気がします。。


その他にも言われたことはすべて納得のいくことばかり。
『真ん中は自分を表していて、ちえさんは真ん中にだけ濃い色を持ってきたから、本当は自分の意思が凄く強い人。でも顔を描いたことで、自分の面目をとても気にする所もある。』
『左右の男女は、左がプライベートな自分(とっても乙女)、右は社会での自分(男みたいに気が強い)を表している。』
『安定・落ち着きを大切にしている。自分の部屋に観葉植物を置きたいと思っている。』

もう全部ドンピシャ。すごいなぁ~!とか思ったけど、こういうのって当たるとかではなく、全て絵に心が表れているんですよねぇ。怖い。。


この日一緒に行った友達は「ミニチュアでトーク」を試したのですが、これまたカウンセラーさんに言われた言葉にすごく納得していました。色んな種類のミニチュアから好きなものを選んで自由に配置して良くて、作った箱の中の世界から深層心理を読み取っていくそうです。こっちも面白そう!!!いっぱいあるから人によってどんなものを選んで作るか、違いが出そうですね。

カウンセリング終了時には、担当していただいたカウンセラーさんから嬉しいメッセージもいただけます。


「ココロトーク」の他にも、本格的なカウンセリングを希望するなら、60分、90分、120分と、個室でおこなうカウンセリングメニュー(有料)もあるので興味が湧いた方はぜひ。
絵を描きながら、遊びながら、自分の深層心理を知れて本当に楽しかったです。来た時よりもずっと前向きになって、スーッと軽くなった気分でした。やっぱり自分の心と向き合うのって大切ですよね。

カウンセリングを受ける機会ってなかなか無いし、勇気が持てなかったりしますが、カフェなら気軽に立ち寄れると思います。もちろん、ごはんも美味しいので普通に食事をしにいくのも良し、お茶をのむのも良し!皆さんもちょっと心が疲れた時やなんとなく癒やされたい時、ぜひ行ってみてください。


『ココロゴトカフェ』
住所: 東京都渋谷区渋谷1-15-22
営業日:年中無休
営業時間:8時00分~20時00分
電話番号:03-3486-8226


(スピリチュアル女子大生CHIE)


※すべての画像は元記事をご覧ください。(元記事は下部の関連記事からご覧いただけます。)