中学校の修学旅行というと、皆さんは何を思い浮かべますか。バスなどに乗って移動し、観光地を班ごとでまわったことを思い出す人もいれば、「恋」に関することを思い出す人もいるのではないでしょうか。そこで今回は女性を対象に、思春期真っただ中の中学生の修学旅行あるあるを聞いてみました。

■中学の修学旅行でありがちなことランキング(女性)
1位:バスでは必ず酔う人がいる
2位:消灯時間が早すぎる
3位:消灯時間後の先生の見回りに見つかる
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《バスでは必ず酔う人がいる》が選ばれました。酔いやすい人にとって、バスの時間は地獄とも言える時間ですよね。酔い止めを飲み忘れて、バスの中で苦い思い出を残してしまった人も多いのでは。

2位には《消灯時間が早すぎる》がランク・イン。眠れない時間帯、布団に入りながら思春期の女子が盛り上がる話題といえば、やっぱり恋バナではないでしょうか。誰が好きか女子同士で言い合い、告白するようにけしかけた、なんて思い出もあるのでは。

3位は《消灯時間後の先生の見回りに見つかる》でした。単純にトイレに行っていたところを呼び止められた人もいるかもしれませんが、消灯後に出歩く女子といえば、男子に告白する女子とその付き添いの女子、あるいは、男子と密会する女子とたいていが男子がらみと相場が決まっています。あなたもそんな思い出はありませんか。

消灯時間に関するものが上位にランクしたことを踏まえると、修学旅行中の先生たちの気苦労は相当のものと推測されます。しかしそんな先生たちに怒られながら、恋バナなどで盛り上がった夜は、生徒たちにとってよい思い出となっていそうですね。

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:20~30代、女性250名
調査期間:2015年6月25日~2015年6月29日