インターネットやゲームなど、昨今は自宅から出なくても休日を楽しめる娯楽が充実しています。しかし、このような利便さに頼りすぎていると、時に周りから「プチひきこもり?」と思われてしまうことも…。今回は「『もしかして引きこもり一歩手前?』と思ってしまうインドア派の特徴」について、皆さんにアンケートをとってみました。

■「もしかして引きこもり一歩手前?」と思ってしまうインドア派の特徴ランキング
1位:インターネットが友達
2位:1日家で声を出さない
3位:友達が少ない
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位には《インターネットが友達》が選ばれました。インターネットは膨大な情報にすぐにアクセスできるほか、交流を広げるツールとしても優秀です。昨今はスマホでインターネットを利用することも容易なため、外でバーチャルな交流を楽しむ人も多いのではないでしょうか。しかし、あまり端末ばかりいじっていると、周りからは「内向的なのかな?」と思われやすい様子…。リアルな交流も大切にしておきましょう。

2位には《1日家で声を出さない》がランク・イン。インドア派の一人暮らしは、特にあてはまりやすい特徴です。

3位は《友達が少ない》でした。「友達が少ないと外出する機会も少なそう」という意見が寄せられています。しかし友達の数と、ひとりひとりとの親密度は、必ずしも比例しません。友達の少なさだけで「プチひきこもり?」と判断するのは、すこし早計かもしれませんね。

また、7位《無理矢理外出の予定を立てても、日が近づくにつれ面倒になり、どうすれば行かなくて済むかを真剣に考えだす》など、リアルな意見もランク入りしています。皆さんは何位に共感しましたか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年6月24日~2015年6月26日