心身を鍛えるスポーツと汗は、切っても切れない関係性ですよね。学校の運動部に入り、青春の汗を流した人も多いのではないでしょうか。しかし、中には「汗が似合う」を通りこして、もはや「汗臭い」と思われてしまうスポーツも…。今回は「汗臭そうなイメージがあるスポーツ」について、皆さんにアンケートをとってみました。

■汗臭そうなイメージがあるスポーツランキング
1位:剣道
2位:柔道
3位:ラグビー
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位には《剣道》が選ばれました。2位を大きく離した結果となりました。《剣道》がとりわけ汗臭いと思われやすい原因は、稽古にかかせない防具にある様子。稽古着はこまめに洗濯できますが、防具は手入れがしにくく、クリーニングに出そうにも替えの防具が必要になってしまいます。頼みの綱の消臭剤も、乱用すると防具を傷ませる原因に…。におい対策は、《剣道》をする人にとっての永遠のテーマなのかもしれませんね。

2位には《柔道》がランク・イン。《柔道》は雄々しい体格の人がやっていることが多いせいか、「汗臭そう」という印象を持たれやすいようです。しかし《柔道》に青春を捧げた人たちからは、「制汗スプレーを山ほど使った」「汗ふきシートをいつも持ち歩いた」など、涙ぐましい努力の声も挙がっています。

3位は《ラグビー》でした。ガッシリとした体格の人々がスクラムを組むさまは、なんとなく汗のにおいを連想させます。なお、経験者からは「タックルの練習に使うタックルバックの臭いが尋常ではない」という意見も…。

ランキングを見てみると、「汗臭そうなスポーツ」と思われやすい原因には、競技に使う道具も関係しているようです。「におう」と思われたくない人は、道具の消臭にも気を使ってみるといいかもしれません。皆さんは何位に共感しましたか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:2,696票
調査期間:2015年06月04日~2015年06月18日