季節の変わり目には、とにかく体調を崩しがちなもの。特に初夏から真夏にかけては、食欲の減退や疲れなどで、夏風邪にかかりやすくなりますよね。風邪は万病のもととも言われ、早めの対策が重要となります。そこで今回は、「風邪かな…」と思ったらまずやることについて皆さんに聞いてみました。

■「風邪かな…」と思ったらまずやることランキング
1位:寝る
2位:熱をはかる
3位:薬をのむ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位には《寝る》が選ばれました。風邪は体力の低下が原因で発症する可能性が高くなるのは周知の事実です。疲れている体を休めるにはまずはゆっくりと《寝る》ことが、一番の治療方法になりますよね。「風邪かな…」と思ったら、まず《寝る》ことを選ぶ人が圧倒的に多いようです。

2位には《熱をはかる》がランク・イン。自分の体調をしっかりと把握するためには《熱をはかる》必要があるのは当然のこと。熱の高さによって、対処法や治療方法も変わってくるからです。また、日頃から自分の平熱をはかり体調管理をこころがけていると、風邪の初期症状を見逃すこともありません。

3位は《薬をのむ》でした。自宅に風邪薬を常備している人も多いはず。風邪の症状に合わせて《薬をのむ》ことで改善に向かう場合も…。しかし、一方では自己判断せず、専門の医療機関を受診することも必要です。「風邪かな」と思ったら、できるだけ薬に頼らず、専門医による正確な診断と治療が大切と言えますね。

風邪は、早めの治療が回復につながります。充分な睡眠と栄養化の高い食事をとることが、症状の改善に役立ちます。また、日ごろから体調管理をこころがけ、風邪を予防することも大切ですね。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:671票
調査期間:2015年03月24日~2015年04月07日