田中聖(KOKI)がVo.を担当する話題のロックバンドINKTが、7/11(土)(現地時間)、ブラジル・サンパウロで開催された「Anime Friends2015」へ出演した。

INKTとして初の海外、そして初の野外でのパフォーマンスとなった今回のイベント出演は、運営側からの熱烈なオファーがきっかけとなり実現した公演で、まだ始動して間もないバンドとしては異例の抜擢となった。

この日、イベントのメインステージで行われたINKTのLIVEには、ブラジルだけではなく、チリやペルー、パラグアイなど南米各地より約2000人のオーディエンスが集結。そのオーディエンスたちの熱狂的なINKTコールがこだまする中、いよいよLIVEがスタート。

ラウドなギターサウンドが際立つSEの中、メンバーが登場すると轟音のようなとてつもない歓声が会場全体を支配する。 そんな中、堂々披露した1曲目は今年4月にリリースしたばかりのミニアルバムから「Wanderlust」。INKTらしさが惜しげもなく炸裂しているロックなTuneに、会場のボルテージは瞬く間に最高潮に達した。

オープニングでオーディエンスの心をがっちりと掴んだINKTは、たたみかけるように「Fight for freedom」「A Whole New World」「Past & Future」「FTW」とデビューアルバム「INKT」からのナンバーを次々と展開していく。 パフォーマンスに対するブラジルの熱狂的なオーディエンスのあまりの反応に、ステージ上のINKTメンバーのテンションも上がりっぱなしなのが感じられる。

ここで、INKTから現地のファンに嬉しいサプライズがプレゼントされる。

アニメのイベントということで、なんと現地でも莫大な人気を誇るLinked Horizonの「紅蓮の弓矢」のカバーを披露。これには現地のファンも驚きを隠せないとともに、「イェーガー!」の大きな声が会場に鳴り響いた。後半戦は「Shangri-La」から。

KOKIの煽りに会場が一体となって左右に手を振る。これは日本でのLIVEでもおなじみの光景だ。 最後のブロックはINKTを語る上では絶対に外せない鉄板ロックナンバー「45’」「Trigger」「サイサリス」の3本締めで本編を終えた。

アンコールでは「ファンに向けて」をテーマに制作したという「The Gift」を披露。オーディエンスからの熱いリアクションはしばらくとどまることを知らず、熱狂冷めやらぬ中INKT初の海外でのパフォーマンスは幕を閉じた。

地球の裏側ブラジルでバンド初の海外遠征を成功させたINKT。 帰国直後の7/19(日)からは、KOKIの地元である千葉県柏市のライブハウス、PALOOZAでの公演を皮切りに、全国7箇所7公演のライブハウスツアーを開催することも決定しており、今後もINKTから目が離せない。


ブラジル公演SET LISTとツアーの詳細

Anime Friends 2015
【SET LIST】
01 Wanderlust
02 Fight for freedom
03 A Whole New World
04 Past & Future
05 FTW
06 紅蓮の弓矢(カバー)
07 Shangri-La
08 45’
09 Trigger
10 サイサリス
<アンコール>
01 The Gift


【INKTプロフィール】
Vo:KOKI、Gt:Kei、Ba:mACKAz、Dr:SASSY、Key:kissyの5人で2013年11月にINKT(インク)結成。
2014年10月から本格始動。
2014年11/8(土)に1st ALBUM「INKT」でデビュー。
今年4/25(土)には2nd MINI ALBUM「サイサリス」をリリースした。
重厚かつエッジのあるバンドサウンドに、キャッチーなメロディとエモーショナルなRAPで構成された曲が特徴の新世代ロックバンド。
業界内外から高い演奏力とパフォーマンスを評価され、今後の活躍が期待されている。

(いまトピ編集部)