米国の同性婚合法化のニュースを受けて、Facebookがレインボープロフィール画像機能をリリースし、注目を集めています。日本でもFacebookのプロフィール画像をレインボー化し、祝福する人々が目立ってきました。 そんな世相もあってか、近年、若手女性セレブの間でバイセクシャルやレズビアンを公言している人物が以前にもまして多くなってきたように思えます。今回は、そんなヤングセレブの中でも、今特に注目を集めている美女達をご紹介したいと思います。(全画像を見るには元記事へ)

美しきヴァンパイアと普通の女子高生との恋愛を描き社会現象となった「トワイライト」シリーズに主演し、MTVムービー・アワード女優賞を受賞したクリステン・スチュワートは、映画プロデューサーの父親と脚本家の母親をもつ25歳。同作で共演した吸血鬼役のロバート・パティンソンや、映画「スノーホワイト」のルパート・サンダーズ監督とも恋の噂がありましたが、現在のパートナーは自身 のアシスタントである女性、アリシア・カーガイルです。

クリステンの実母は、Sunday Mirror 紙に「娘にガールフレンドができて受け入れないわけがないでしょう。彼女は幸せです。」と 語っています。デビュー当時のクリステンはその知的でクールな美貌から、ポストジョディ・フォスターとも言われていました。「パニック・ルーム」でクリステンと共演し母親役を演じたジョディも、女優でフォトグラファーのアレクサンドラ・ヘディンソンと同性婚をしています。

そんなクリステンと同じくらい注目を集める若手バクセクシャル美女と言えば、英国のスーパーモデル、カーラ・デルヴィーニュあげられます。あのモデル大好きイケメンスター、レオナルド・ディカプリオの誘いにも乗らなかったという武勇伝を持つカーラは、人気ブランド「バーバリー(Burberry)」の秘蔵っ子と言 われる超人気モデルで、現在は本格的に女優としても活動をスタートし、映画「アンナ・カレーニナ」などで活躍中の22歳です。

カーラの祖父はイングリッシュ・ヘリテッジの会長であった、サー・ジョスリン・スティーヴィンス。お嬢様育ちでありながらワイルドな美貌で男女ともに魅了する彼女は、男性では「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズとの交際歴もあり、女優のミシェル・ロドリゲスなど美女達との恋愛を経て、現在は女性シンガー、セイント・ヴィンセントに「初めて本気で恋している」と発言しています。

最近では、あの華麗なるガーダシアン一家の一員でもある人気女優、ケンダル・ジェンナーと体を舐めあう写真をインスタグラムに投稿したことでも話題になったカーラ。2人は友人関係とのことですが、ケンダルも以前「ワン・ダイレクション」ハリー・スタイルズとの交際が噂されており、3人の関係は複雑で、意味深な1枚となりました。

また、映画「JUNO」で日本の男性にも人気のベビー・フェイス、エレン・ペイジも、アメリカで開かれたセクシャル・マイノリティのイベントで、同性愛者であることをカミングアウトしています。ジョニー・デップの妻としても有名なアンバー・ハードも、かつては写真家のターシャ・ヴァン・リーや、元仏首相ドミニク・ド・ビルパンの娘でモデルのマリー・ド・ビルパンとも交際していました。

今、一番美しいレズビアンカップルと言えば、ディズニー・チャンネルのテレビドラマ「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」でスターとなり、歌手としても活躍中のお騒がせセレブ、マイリー・サイラスと、ヴィクトリアシークレットモデルとして活躍中のステラ・マックスウェルではないでしょうか?とにかく2人とも若く美しく、インスタグラムに投稿される熱愛写真の愛らしさに世界中から注目が集まっています。

いかがでしたか?日本でも、グラビア・アイドルや若手タレントが同性愛やバイセクシャルを告白することはありますが、スター級の女優が公の場に同性パートナーを連れてくる例はあまりなく、なかなか衝撃的ですね。

また、クリステン・スチュワートの元カレ、ロバート・パティンソンや、マイリーの元カレ、パトリック・シュワルツェネッガー、アンバーの現在のパートナー、ジョニー・デップなどの顔を思い浮かべると、人間離れした繊細な美貌の男性ぞろいで、どことなく似た雰囲気を感じます。彼女たちの恋愛遍歴を紐解いてみると、バイセクシャルの女性に好かれやすい男性の共通点も見えてきそうですね。

(星野小春)