芸能人の中には、様々な資格を持っている人が少なくありません。教員免許、野菜ソムリエ、一級小型船舶操縦士などはよく耳にしますが、更にその想像を超える意外な資格を持っている人も。そこで今回は、想像の斜め上をいく資格・肩書を持つ芸能人について探ってみました。

■想像の斜め上をいく資格・肩書を持っていると思う有名人ランキング
1位:壇蜜(遺体修復師(エンバーマー)他)
2位:アントキの猪木(二級建築士)
3位:光浦靖子(なまはげ伝導士)
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《壇蜜(遺体修復師(エンバーマー)他)》でした。日本舞踊坂東流師範でもある壇蜜。しかし注目すべきは遺体修復師の資格。遺体修復師の資格とは、エンバーミングと呼ばれる遺体を消毒や保存処理、修復することで長期保存を可能にする技法を持ち合わせる人が有する資格。これには「想像を超えた資格で衝撃的」「壇蜜っぽいといえばぽい気がする」などの声が多く、1位に輝きました。

2位は《アントキの猪木(二級建築士)》でした。プロレスラー・アントニオ猪木のものまねで知られる芸人・アントキの猪木。実は二級建築士の資格を持っています。「見た目や芸風からは想像がつかなかった」「そんなインテリな一面があったなんて意外」という声が多く、2位にランク・インしました。

3位は《光浦靖子(なまはげ伝導士)》でした。なまはげ伝道師とは、男鹿の独自の文化である“なまはげ”を理解し、伝承するための資格。「そんな資格があるなんて知らなかった」「光浦さんが持っているところが意外すぎる」など、資格そのものに対する斬新さや、光浦靖子が持っていることへの意外性から、3位にランク・インしました。

このように、意外な人が想像を超える意外な資格を持っているケースは少なくないようです。気になる資格があった方は、これを機に勉強してみてはいかがでしょうか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年6月1日~2015年6月3日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)