食べ歩きの達人ことタベアルキストが「リピートしている」「人に教えたくなる」の2つの視点でお店を厳選。今回は「二郎系ラーメン」の10選をご紹介します。

 "二郎系ラーメン"とは、港区三田にあるラーメン二郎本店、暖簾分け店で修行した店や、そのラーメンに影響を受けて店を始めたものを提供する店の総称であり、醤油、味噌、塩などの味に分類出来ない個性の塊が出ているラーメンを指します。
『ジロリアン』、『二郎はラーメンではない、二郎という食べ物だ』という二郎ファンの中では有名な言葉も数々生み出されていて、聞いたことがある方もいるのでは。
今回はそんなラーメン二郎・二郎インスパイア店にスポットを当てて、麺料理グループのタベアルキスト達が都内で食べられるオススメ10選を挙げました。

 ■食べ歩きの達人ことタベアルキストが選ぶ東京都内の「二郎系ラーメン」10選
  ・ラーメン二郎 八王子野猿街道店 2
  ・千里眼
  ・ラーメン二郎 桜台駅前店
  ・らーめん 陸
  ・ラーメン二郎 品川店
  ・富士丸 神谷本店
  ・ラーメン二郎 小岩店
  ・蓮爾 さんこま店
  ・ラーメン二郎 目黒店
  ・ぽっぽっ屋 本店
  各店舗の詳しい情報はこちら

"二郎系"の特長は、うどんの様な太麺、背脂たっぷりのスープ、野菜とチャーシュー(二郎では"ブタ")というシンプルな構成ですが、「ヤサイニンニクアブラカラメ?」などと好みの無料トッピングを店員にコールすれば、普通のラーメンの様相とは違う規格外なビジュアルに誰もが圧倒されます。 その量と脂の多さは主に若い男子に受けているので、大学近くに二郎系店舗があることが多く、三田本店も慶応大学隣に店を構えています。

ラーメンが好きだけど圧倒されて店に行く勇気が未だない初心者の方、数回行ってハマりかけてる方に特に参考にして頂きたいと思います。

※このランキングに関する解説はすべてタベアルキストによるものです。