もともと表意文字として生まれた漢字は、一字一字が意味を持っています。そのため、読み方がわからなくても、目にしたときの印象でおおよその意味がわかるものもあります。中にはエッチな意味合いに見えてしまいやすい漢字も…。今回のランキングでは、漢字で書くと急にエロく感じるものを調査してみました。

■漢字で書くと急にエロく感じる言葉ランキング
1位:いん(淫)
2位:ぬれる(濡)
3位:わい(猥)
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位には《いん(淫)》がランク・イン。《いん(淫)》には「性欲」という意味があり、「淫ら(みだら)」、「淫行(いんこう)」などいやらしい言葉でしか使われない漢字です。皆さんが「エロい」と感じるのも、仕方がないのかも?

2位には《ぬれる(濡)》が選ばれました。《ぬれる(濡)》は「雨に濡れる」など日常的に使われますが、ドラマや映画などの「濡れ場」など、ちょっとエッチなシーンを表すときにも使われます。性交の隠語としても使われることがあるそうです。

3位は《わい(猥)》でした。「猥褻(わいせつ)」、「卑猥(ひわい)」などエッチな意味の漢字の中でも、下品な意味合いで使われることが多い漢字です。goo辞書を見てみると、「性に関して節度なく下品なこと」という意味も含まれているようですから、あまり日常的には使いたくない言葉かもしれません。

上位の漢字を見ていくと、1文字だけでもエッチな印象ですね。部首では「さんずい」がそういった言葉に使われやすいのかもしれません。みなさんはどの漢字がエロいと思いますか?

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年6月1日~2015年6月3日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)