格安SIMを使って通信料を下げたいとなった時に、ちょっと気をつけなければならないのは端末。Androidでは、問題になることが少ないですが、iPhoneの場合は、キャリアによる差異や、バージョンなど気をつけておかなければならない点がいくつか。このQ&Aを見て、事前にしっかりチェックをしておきましょう。

 格安SIM&iPhoneの組み合わせなら、docomo版iPhone 5s/5cかApple発売のSIMロックフリー版を使うのがが一番の近道ですが、音声通話をするしないを考えたり、購入時価格を抑えたい……といった一番身近に知りたいことを押さえるなら《格安SIMとドコモでSIM解除》を読んでみましょう。格安SIMを使うときの基本、キャリアSIM使用時との差、、SIMロック解除の可否についてもしっかり分かりますよ。

 なぜ他のキャリア版よりもdocomo版が無難なのかを知りたいときはこちら《中古のiPhoneを購入してb-Mobileで使用》。ちなみに、ベストアンサーは一番下にあるので、気をつけて読んでくださいね。

 格安SIM+docomo版iPhone 5sを使うときに気をつけたいポイントはこちら《docomo製iPhone5Sに格安SIMでLTE》。iOSのバージョンによっても変わるようですので、格安SIMのサイトで事前にしっかりチェックしておきましょう。

SIMフリー機を導入した場合、docomoで使っていたメールアドレスは維持できるの?というケースならこちら《SIMフリーiPhoneのアドレス》。こちらで紹介されているのは1つの案ですが、これならキャリアに関わらず維持はできそうですね。また、docomoの場合は、ブラウザやIMAP対応メーラーを使うなど、ドコモメールを使う方法はほかにもありそうです。

 au版iPhoneを活用したい、という場合はこちらをぜひ参考にしてみてください《au iPhoneの格安SIM利用は諦めるべき?》。ただし格安SIMをきっちり活用する場合は、au版ではiPhone 5/5s/5c以外の選択は少し厳しいかなと思います。  目的や、現在お持ちの環境をしっかり確認してから、格安SIM+iPhoneに踏み出しましょう。