毎回個性豊かなキャストと見応えのあるストーリーでお茶の間を楽しませている朝の連続テレビ小説。現在は能登でパティシエを目指す主人公の成長過程を描いた『まれ』が人気を集めています。今まで数々のヒット作がありましたが、中でも多くの人が「もう一度見たい」と思っているのは一体どの作品なのでしょうか。そこで今回は、過去10年に放送された、朝の連続テレビ小説でもう一度見たい作品を聞いてみました。

■もう一度見たい!「朝の連続テレビ小説」ランキング
1位:あまちゃん
2位:ゲゲゲの女房
3位:ごちそうさん
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《あまちゃん》でした。「じぇじぇじぇ」が記憶に新しい《あまちゃん》。宮藤官九郎が脚本を手がけたことで、コミカルでテンポのよいユーモアあふれる作品に多くの人が魅了されました。能年玲奈、小泉今日子をはじめとした、個性豊かなキャストも見どころのひとつ。「また見たい」という声が多く、ダントツの1位に輝きました。

2位は《ゲゲゲの女房》でした。『ゲゲゲの鬼太郎』をはじめとした人気作品を多数世に送り出した漫画家・水木しげるの妻、武良布枝が著した自伝をもとに作られた作品。水木しげるを向井理が、その妻を松下奈緒が演じ、話題となりました。夫婦愛に胸打たれた人が多く、2位にランク・イン。

3位は《ごちそうさん》でした。昨年入籍した杏と東出昌大の出会いのきっかけともなったこの作品。「食べること」をテーマとし、杏が演じた主人公が成長する過程を描いたストーリが人気を集めました。「二人が結婚した今、もう一度見たい!」という声が多くあがりました。

このように、人気作品が数多く存在する朝の連続ドラマ小説。前回の『マッサン』、そして今回の『まれ』もかなり人気が高いよう。次はどのような作品が見られるのか、今から楽しみですね。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
調査期間:2015年4月25日~2015年5月9日
投票数合計:1,826票