最近、「足のむくみ」が気になるという人はいませんか? 寒い冬のほうがむくみやすそうなイメージがありますが、実は足のむくみが気になるのは夏。Googleトレンドで検索傾向を調べてみると、ここ数年での「むくみ」の検索数は6月、7月頃がピークなのです。

そこで、蒸し暑い夏に起こりがちなむくみに悩まされず、乗り切るための対策を紹介しましょう。

夏の「冷え」はむくみの大敵

むくみは、身体の余分な水分が皮膚の下に溜まった状態。本来ならば、血液やリンパ液とともに余分な水分も循環して心臓に戻っていくのですが、座りっぱなしの状態でふくらはぎの筋肉を動かさないでいると、血液を心臓に戻すポンプの働きが弱くなり、余分な水分が末端に溜まってしまうのです。

となれば、汗をかきやすい夏はむくみにくいように思えますよね。ところが、夏の女性の体は、想像以上に冷えているのです。

外が暑くなるほどクーラーの効いた室内は冷えやすく、特に素足にサンダルでいると足が冷えてしまいがちです。冷たい物を食べたり飲んだりすることでも、身体は冷えていきます。冷えて血液やリンパの流れが悪くなることが、むくみにつながっています。

着圧ソックスで冷えを改善、血流の流れを促す

むくみを防止するには、身体を冷やさないようにするとともに、筋肉を動かして、血液やリンパ液の流れを良くすること。特に全身に血液を送るポンプの役割を果たすふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせることです。デスクワークの人も、ときおり立ち上がって動いたり、階段の昇り降りをしたりすると効果的です。

それでも、座っている時間が長くてなかなかむくみが解消できないという人には、「着圧ソックス」などのむくみ対策グッズを活用する方法も。着圧ソックスは、足首のあたりに高い圧力をかけ、太ももに向かって徐々に圧力を下げるつくりになっており、適度な圧力を脚にかけることで、血液やリンパの流れを促進するものです。夜寝ている間に履くだけで、むくみを改善する効果が得られます。

夏向けメディキュットが登場

しかし、むくみに効果的とわかっていても、暑い夏に着圧ソックスを履いて寝るとムレてしまいそう…。そんな人が意外と多いようで、メディキュットの利用者調査では、「暑苦しい」という理由で夏に着圧ソックスの利用をやめてしまう人が47%にものぼりました。

そこで、夏向けに登場したのが、「寝ながらメディキュット スーパークール ロング」です。従来品に比べて通気性を5.5倍アップし、吸水速乾性が高く、清涼感が感じられる素材を使っています。

本格的な夏がやってくるのはこれから。クーラーで冷え冷えの電車に乗るときやオフィスではカーディガンやショールを常備し、身体を冷やさないように心掛けるとともに、運動やストレッチ、むくみ対策グッズなどを上手に活用して、スッキリ脚で夏のファッションを楽しみましょう!

【関連記事】
  • 「足のむくみ」 蒸し暑い夏のむくみ対策は?
  • 韓国コスメ最前線~クッションファンデを知っていますか?
  • ハンモックヨガ「アンティグラビティ」を沖縄・宮古島で!
  • 美肌から匂い対策まで!こんなにあったバラの効能
  • 梅雨前に治したい!ブーツやパンプスがムレムレで、女性の水虫が…