スカート。
女性がはきまくっている腰(まれに腹)から下を覆う筒状の衣服である。

ヒラヒラと軽やかに舞うフレアスカートや、タイトなミニから踝まで届くロングスカートにトレンドのミモレ丈のスカートまで、このように多種多様、千差万別なスカートが存在し女性に着用され続けているにも関わらず、(ごく一部を除いた)男性はスカートをはこうとも考えない。
でも、あんなに女性に愛されまくっているスカート、実は男性が気づいてないだけで、スカートを履くべき物凄いメリットがあるのではないでしょうか。

そう、スカートって実はめっちゃ素晴らしいものなのに、男性が履いたことないからその魅力に気づいてないだけなんじゃないか!?

と、いうことで、スカートのメリットを探るべく、

(格闘系のキャラで居そう)
スカートはいて1日過ごしてみました

▼なぜかスカート履いて上着片手で持つと強そうに見える画像は(元記事)でご覧頂けます
http://ima.goo.ne.jp/column/article/3314.html

何事も体験してみないとね!

女性に愛されまくっているスカートの秘密を探るために、朝から晩まで丸1日スカートで過ごして、そのメリット・デメリットを判別してみます。


▼▼▼ここからレポート▼▼▼


とりあえず、1日スカートで過ごすということで、朝、出勤前に、


脱毛

(除毛クリームすげぇ!!)

(つるんつるん)

スカートの「メリット・デメリット」を純粋に検証したかったので、「女装」要素を極力削ぎ、スカートをはく以外は普段通りにしようと思ったんですが、どうしてもすね毛ボウボウなのが我慢できず、除毛クリームで脱毛(記事1枚目の画像はすでに脱毛済みです)。
短パン履いてる時にすね毛生えてても気にならないのに、スカートから出てる足にすね毛生えてると不愉快な不思議!

×デメリット
・すね毛を処理しないとキモい


いきなりデメリットを感じたりもしましたが、サクッと処理が終わったら、改めて自宅を出発。

さあ、


会社にゆこう!


ス カ ー ト で !

▼決意あふれるスーツ(スカート)姿は(元記事)でご覧頂けます
http://ima.goo.ne.jp/column/article/3314.html

あ、そういえば、駅に来るまでにすでに感じたことなんですが、スカートめっちゃ快適です。

なんていうか、めちゃくちゃ涼しい

普段駅まで歩くとスーツのズボンが汗で張り付く感じがあるのですが、まったくそんなことなし。太ももサラッサラです。短パンよりもさらに快適ですね。股間が蒸れない。

○メリット
・下半身がメッチャ涼しい
・股間が蒸れない


とりあえず電車乗ります。

(いってきます!)

で、まあ西武池袋線で池袋まで向かったわけですが、早くも「涼しい」「蒸れない」以外の第3のメリットが!


おわかりだろうか?


(逃げてます)
隣の女性に微妙に距離を取られているのが

▼全ての画像は(元記事)でご覧頂けます
http://ima.goo.ne.jp/column/article/3314.html

○メリット
・電車で隣に座る女性がちょっと距離をあけて座ってくれる(混んだ車内も快適)


いやー、スカートって混んでる車内でも快適に過ごせる素晴らしいアイテムだったんですね!

(違和感ないな)
池袋で山手線に乗り換えて

(SmartNews派)
のんびり座ってスマホでニュース読みつつ、いまトピ編集部(勤務先)に向かってたのですが、ここで困った事態に。

(ギリギリ)
なんかパンツ見えそう

×デメリット
・座るとパンツが見えそうで落ち着かない


(とりあえず立った)

まあ、これは慣れもあると思うので、慣れればデメリットってほどでもないのかな?
などと考えているうちに駅に到着。

(股間に視線を感じる)

会社に着いたら席にたどり着く前に速攻で通りすがりのgooの中の人に声かけられる(いまトピはgoo内の1サービスです)。

(gooの中の人達)
「おうおう!『また』何かの撮影?」

社内でも、だいぶ「いまトピ」、そして私「大住」がどういった存在なのか認知してもらえてきてるようで何より。
「いまトピ~すごい好奇心のサイト~(http://ima.goo.ne.jp/)」は本当にライターの好奇心のみでできてます。他の記事も読んでみてね!
しかし、めっちゃ楽しそうだなこの2人!(画面ぶれててイマイチわかりませんが非常にワクワクした表情してます)。今回は特に何もするつもりはないんだけどなぁ(スカートはいて過ごすだけで)。

そして席についたらついたで、みんな(いまトピ編集部の中の人達)大喜び。

(特に女性に)
「あはははは!」
「いけるいける!」
「思ったより普通ですねー」

(じ~)
「いいと思います(真剣)」

○メリット
・同僚が喜ぶ


まあ、同僚というか、大体みんな喜んでましたけけどね!(おもちゃ的な意味で)

ちょっと打ち合わせに出かければ、


笑顔がわき起こり

ちょっとスカートをめくれば、

(どうぞ)
「スカートの下ってどうなってるんですか?」
「あ、普通にパンツですが見ます?(大住)」

悲鳴がわき起こる

(関係ないけどお昼は小諸そばで冷やしたぬき倍盛りでした)

ゆく先々で何らかの反応を引き出しつつ、

(MTG中)
ミーティングや記事作成など真面目にスカートでお仕事遂行

他、会社をスカートで過ごして気づいたことは、以下のようなもの。

○メリット
・みんな笑顔になる
・足を組むと自分の足がすべすべして気持ちいい
・昼休み廊下にいるいつも100%声をかけてくるセールスレディーが声をかけずに引きつった顔になる(いちいち断らなくていい)

×デメリット
・空調がズボンに温度合わせててスカートだと寒い(ひざ掛け必須)
・階段などで吹き上がってくる風でスカートめくれそうでドキドキする(性癖によってはメリット)


色々あるものですな。

とりあえず仕事終わったので、

(四文屋)
帰りに焼トンと瓶ビールなど嗜みつつ1日が終了。

居酒屋は酔っぱらいばっかりなんで、何か周りの人にからまれるかと思いましたが、お酒の力は偉大で誰も気にしてすらいませんでした。
そしてここでもスカートのメリットを改めて甘受。空調なしでやや蒸し暑かったのですが、スカートだと涼しくて快適に過ごせました。
あと、

すげぇオシッコするの楽チンです

いつもならベルト外してホック外してチャックおろしてパンツ下げないとダメなのが、いきなりパンツ下げるだけで済みます!
ションベンし放題!

○メリット
・オシッコするとき超楽チン



▲▲▲レポートここまで▲▲▲

以上、1日スカートで過ごしたレポートです。
様々なメリット・デメリットありましたが、「涼しい」というメリットが半端無く、スカートになるだけで、1日が相当楽に過ごせました。

スカート、アリかナシかでいうと、


夏場に限っていえば全然アリです!!


男性の皆さま、この夏は是非スカートで過ごしてみてはいかがでしょうか。

もっとも、外ですれ違う人々の、

(不審者を見る目)
(不審者を見る目)
(不審者を見る目)
(不審者を見る目)
(不審者を見る目)
(不審者を見る目)
(不審者を見る目)
(不審者を見る目)
(不審者を見る目)
(不審者を見る目)
(不審者に思わず振り返るの画)

不審者をみる目に耐えられればですが

▼全ての「不審者を見る目」の画像は(元記事)でご覧頂けます……
http://ima.goo.ne.jp/column/article/3314.html

どんなメリットも覆す大量の不審者を見る視線。
これが男性がスカートをはく最大のデメリットです。

向かい側からおしゃべりしながら歩いてくる人達が僕の2,3メートル先で急に無言になり、チラチラ横目でみながら通りすぎて10メートルくらい後ろから物凄い勢いで「今の人スカートはいてなかった!?」「何あれ!?」「きしょっ!」など一気に会話に花開く様子を何度も繰り返されると、それなりに精神がタフでないとスカートをはきこなすのは難しいのかなと思ったり。

日本での男性のスカート普及は、まだまだ先になりそうです。



●おまけ


(ほぼ同じ服装構成の女性と奇跡のコラボ)

後日、同じフロアの離れた場所にいる僕の姿を見た人が「『スカートの男が社内にいる!』って周りに言ったけど誰にも信じてもらえなくて、最終的に都市伝説みたいになってた」と教えてくれました。

「都市伝説 大住」

今日も元気に生きてます。


(いまトピ編集部 大住)