耳垢が気になったとき、耳掃除はどうしていますか。耳かきや綿棒を使って耳垢を取ろうとしても、なかなか上手く取れないこともあります。「耳掃除大好き!」という人もいますが、自分でやる耳掃除にはキケンも…。

そこで、耳掃除に関する“耳より”情報をお届けします。

耳掃除は保険でできるって知ってた?

耳垢がつまった状態は、「耳垢栓塞症」という病名があるのを知っていますか? そのため耳掃除は医療行為として認められていて、健康保険が使えるのです。耳垢が気になったら、近くの耳鼻科を受診して「耳掃除をお願いします」と伝えてください。

耳鼻科では、耳の穴に耳鏡(じきょう)と呼ばれる器具や手術用顕微鏡を挿入し、耳の中の状態を確認しながら、耳掃除をしてくれます。ピンセットのような耳垢鉗子(じこうかんし)で耳垢をつかんで除去したり、細かい耳垢は吸引管で吸い取るのです。耳垢が固まっている場合には、薬で耳垢を柔らかくしてから取り除きます。

耳鼻科で耳掃除をしたほうがいい理由

耳の中はとってもデリケート。自分で耳掃除をすると、耳垢を奥まで押し込めたり、耳かきや綿棒で傷つけてしまったりすることがあります。外耳道炎や、耳のおできである耳せつ、鼓膜を傷つけて鼓膜穿孔を引き起こすケースもあるため、「できれば自分で耳掃除をしてほしくない」という耳鼻科医もいるほど。その点、耳鼻科ならば専用器具でじっくり観察しながら安全に除去をしてもらえて安全です。

耳垢が溜まり過ぎると耳が聞こえづらくなったり、耳垢がもとで炎症を起こすこともあります。しかし、本来耳には自浄作用があり、耳垢は自然に排出されるようになっているので、年に数回、耳鼻科できれいにしてもらえば問題ないようです。

自分での耳掃除をするときの注意点

それでも定期的に自分で耳掃除したい!という人もいるでしょう。

自分で耳掃除をする場合には、綿棒を使って、耳の入り口から1cmまでの部分をやさしく掃除するにとどめます。ベビー綿棒を使用すると、先端が細いので奥まで押し込みにくく、力を入れ過ぎると折れてしまうので安心です。

自分で耳掃除をするのは、多くても週に1回程度にしましょう。かゆみや痛み、出血をした場合には、早めに耳鼻科を受診するようにしてください。

蒸し暑くなるこれからの季節は、細菌が繁殖しやすく、自分で耳掃除した傷から外耳道炎になりやすいです。プールや海に行く予定がある人は特に、一度耳鼻科に耳掃除に行っておくと安心ですね。