昨年日本に上陸し、テレビでも多数紹介されるなど、今話題のハンモックヨガ「アンティグラビティ」。都内でも体験できるスタジオはありますが、4月から沖縄・宮古島の「シギラリゾート」でのクラスがスタート! 南国リゾートでのエクササイズレッスンとは、なんて贅沢なんでしょう!?

ハンモックヨガ「AntiGravity(アンティグラビティ)」とは

米国ニューヨークで生まれたAntiGravity(アンティグラビティ)は、世界50カ国以上に広まっているハンモックを使用したヨガ。ハンモックに包まれるような体勢で空間に浮かび、逆さまのまま静止するなど、自由自在に空間を楽しみます。

「アンチ(反)・グラビティ(重力)」という名前のとおり、ハンモックを使用することで重力の影響を軽減し、身体全体を無理なく使って行うフィットネスです。身体が重力から解放されるとき、心が解放されることも感じられるといいます。ハンモックは450キロ以上の重さに耐えられるそうなので、安全面にも配慮されています。

東京では、学芸大学駅の近くに日本アンティグラビティ協会「NAVI」によるスタジオが開設され、トレンドに関心の高い女性の注目を集めています。

宮古島でのプログラムがスタート

4月24日からは、沖縄・宮古島の「シギラリゾート」で、「NAVI」のインストラクターによるレッスンプログラムがスタート。

用意されたクラスは5つ。朝一番のクラスは、ホテルからシギラビーチまで、自然豊かな環境の中歩いて行き、海を望むビーチハウスでアンティグラビティを楽しむもの。午前中のエントリークラスは、ストレッチを多めに行う朝の目覚めにピッタリの内容になっています。午後のクラスは音楽に合わせて動く、少しアクティブなトレーニングを行うクラス。夕方は、ストレッチを多めに取り入れ、一日の疲れを取って、リラックスするためのクラスとなっています。

さらに、7月~9月の夏季限定のクラスとして、キャンドルを灯した空間で、低めの位置にハンモックを吊るし、リラックスしながらボディメンテナンスを行うレッスンも催されます。

大自然の中の高級リゾート「シギラリゾート」

シギラリゾートは、沖縄・宮古島に、9kmにも及ぶ海岸線と自然豊かな約100万坪もの敷地を誇る高級リゾート施設。客室が全てスィートルームの「シギラベイサイドスイートアラマンダ」や、全棟にプライベートプールのついたヴィラ「ザ ジギラ」を始めとするホテル、ゴルフ場、温泉、チャペルなど、贅沢な空間が広がります。シュノーケリングやダイビングなどのマリンレジャーや、セグウェイ、星空観察などのアクティビティプログラムも充実しています。

シギラリゾートで行われるアンティグラビティのレッスンには、自然を感じながら行えるクラスもあります。宮古島の自然のエネルギーを感じながら、リラックスした気分でレッスンを楽しんでみたいですね。