「加齢臭」などという言葉が一般的になりましたが、臭いが気になるのはおじさんだけじゃありません。夏が近づくにつれ、30~40代の働き盛り男性の臭いも気になってくるようです。

「そういえば最近、彼の後頭部がちょっと臭うかも」と心当たる人は要チェック!

年代ごとの男性のニオイ

男性のニオイは年代によって変化し、20代ではアポクリン汗腺からの汗のニオイがもっとも強くなり、特に脇の下が強く臭います。
一方、いわゆる「加齢臭」といわれる50代以降のニオイは、頭から首の周りにかけてと、胸や背中、脇と上半身全体ともいえる部位、さらには耳の後ろから臭います。その原因となるのは、40歳を過ぎると急増するニオイ物質(ノネナール)や加齢により蓄積されがちな活性酸素で、古本やチーズのような発酵臭がします。

加齢臭とは違うミドル脂臭

ちょうどこの狭間にあたる30~40代は臭わないかと思ったら大間違い。むしろ、20代からの汗のニオイに加えて、徐々に加齢臭の原因となる物質も分泌されているため、男性の人生のなかでももっとも体臭が発生しやすい時期だというのです。

男性のニオイを研究するマンダムでは、30~40代というミドルエイジ特有のニオイを「ミドル脂臭」と命名。その特徴や対処法などを、「男のにおい総研」で紹介しています。

頭や首筋でニオイを発しやすいミドル脂臭は、自分では気づきにくいのがやっかいなところです。原因物質である「ジアセチル」は、加齢臭の原因となるノネナールとは異なり、古くなった食用油に似たニオイが特徴。皮脂分泌量のピークを迎える年代でもあるために、分泌された皮脂が酸化し、特有のニオイを発することが分かっています。

臭わせないためのミドル脂臭対策

このように、知ってしまうと実に恐ろしいミドル脂臭ですが、ミドル脂臭がきつい人とそうでもない人がいます。その一番の原因は、食生活にアリ!

ミドル脂臭の原因となる「ジアセチル」は、ビタミンCを多く含むブロッコリーやピーマン、トマトといった野菜を摂ると、抗酸化作用によって体外への排出が促されます。切干し大根や干ししいたけ、乾燥ひじきといった植物繊維が豊富な食べ物も、体内で発生したアンモニアなどの悪臭を排出させる働きがあります。

ところが、食生活のバランスが崩れると、ニオイ物質の排出がうまくいかず、ニオイを発してしまうようです。外食ばかりで運動不足、生活が不規則といった人は要注意です。

頭部と首筋などニオイを発しやすい部分を念入りに洗うことでミドル脂臭は改善されるとのことですが、根本である食生活の改善も必要。臭い男子と言われないためには、肉や炭水化物中心の食生活から脱却し、栄養バランスのとれた食事を心掛けることが大切です。彼のニオイが気になる女性は、さりげな~く野菜を勧めてみましょう。