愛を確かめたいつもりで何気なく口にした言葉が、実は男性に強いプレッシャーを与えているかもしれません。今回は、男性がとにかく重いと感じるセリフをランキングでご紹介します。

1位:私と仕事、どっちが大事なの?
2位:元カレはもっと私のこと考えてくれてた!
3位:他の女の子とは会わないでほしい
4位:毎日「好き」「愛してる」「かわいい」って言って!
5位:私とお母さん、どっちが大事なの?

6位以降を見る

 1位は《私と仕事、どっちが大事なの?》でした。仕事と恋人という、究極の選択を女性に迫られるこの言葉、多くの男性が「重すぎる」と感じているようです。また5位の《私とお母さん、どっちが大事なの?》も、比べようのないものを比較するよう迫る女性のセリフの一つ。女性が望む答えは「君に決まってるじゃないか!」なのかもしれませんが、どちらも男性にとっては比べ物にならないくらい大切なはず。答えに詰まるということは、男性がそれだけ彼女を愛している証拠かもしれません。また、3位の《他の女の子とは会わないでほしい》や6位の《飲み会メンバーの写メをその場から送ってね》、9位の《忙しくてもメール1本くらい、打てるでしょ? 》など、男性の行動を束縛するセリフも多数ランク・インしています。あまりに束縛し過ぎると、息苦しくなり恋が冷める原因になってしまうかもしれません。
 ちょっとしたいざこざやケンカの時に、つい口にしてしまうこともあるかもしれませんが、あまり重いセリフを連発し過ぎると、最悪の場合相手が逃げ出してしまうことも。今回のランキングのセリフを言ったことのある方はご注意を!

調査方法:アイブリッジ株式会社(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2014年8月7日~2014年8月11日
有効回答者数:男性:250名