テレビで見かける有名人の中には、見た目や話し方、雰囲気等から「育ちの良さ」を感じられる人もいます。どの有名人の、どんなところに育ちの良さが感じられるのでしょうか。そこで今回は、育ちがよさそうだと思う男性有名人について探ってみました。

■「育ちがよさそう」な男性有名人ランキング
1位:小泉孝太郎
2位:DAIGO
3位:櫻井翔
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《小泉孝太郎》でした。元内閣総理大臣の小泉純一郎を父に持つ《小泉孝太郎》が、なんと50%以上の票を獲得し、ダントツの1位に輝きました。選んだ理由には「いつも身だしなみが整っている」「話し方、髪型、服装に品がある」「ガツガツしていないさわやかな雰囲気に、育ちの良さがにじみ出ている」などが多く見られました。

2位は《DAIGO》でした。テレビで見る《DAIGO》のキャラクターは天真爛漫。流行言葉を使用したり、服装も個性的だったり、1位の《小泉孝太郎》とはかなり異なります。しかし、祖父に同じ政界の元内閣総理大臣の竹下登を持ち、テレビで度々その家柄を語っていることから「きっと育ちがいいはず」と感じた人が多いようです。

3位は《櫻井翔》でした。歌やダンス、バラエティでの活躍に加え、ニュースキャスターを務めるなど、マルチな才能を発揮する《櫻井翔》。特に情報番組で見せる知的な一面に「育ちがいい」と感じた人が多いようです。

このように、「育ちがいい」と思われている男性有名人は、家柄であったり、上品な雰囲気であったり、その理由はまちまちです。一方、育ちの良さを感じる女性有名人のアンケート結果はまた傾向が異なるので、是非そちらと見比べてみてはいかがでしょうか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年3月11日~2015年3月16日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)