「オバサンになりたくない!」と願っても、歳は自然と重ねてしまうもの。しかし、オバサンをオバサンたらしめているのは、歳や見た目というより、その人の何気ない仕草なのかもしれません。今回は、「あなたの周りにいるオバサンの特徴」について皆さんに聞いてみました。

■あなたの周りにいる「オバサン」の特徴ランキング
1位: 行列に割り込む
2位: 場所に関係なく大声で話す
3位: 立ち上がる時に「よいしょ!」という
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位には《行列に割り込む》がランク・イン。ズカズカと行列に割り込み、周りからの視線も涼しい顔で受け流す…そんなオバサンを見たことはありませんか?人目を気にせず我が道を行く姿は、周りに「可愛げがない人だな」という印象を与えてしまうのかもしれません。

2位には《場所に関係なく大声で話す》がランク・イン。愚痴や噂を大声で話すのはもちろんのこと、声の大きさに配慮しないところがオバサンっぽいという意見が寄せられました。人目を気にせず、「自分がやりたいようにやる!」という行為が、周りにオバサンらしいイメージを与えてしまうのかもしれませんね。

3位には《立ち上がる時に「よいしょ!」という》がランク・イン。「気合いを入れないと立てない様子がオバサンっぽい」という意見が挙がっています。立ち上がる時以外でも、何かの拍子に「よいしょ!」と言ってしまう癖は、なぜか年を重ねるとついてしまうもの。本人も言いたくないはずなのに、つい「よいしょ!」が出てしまうというのは、年配女性の大きな特徴の一つになっているのかも。

全体的に、恥じらいや謙虚さの欠如が伺える行動が目立った結果となりました。「自分のやり方」をはっきり態度に出し、相手に配慮しない姿がオバサンらしさにつながっている様子。我を出しすぎないようにすれば、きれいに歳を重ねていけるのかもしれませんね。あなたはどの項目に共感しましたか?

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年4月23日~2015年4月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)