北は北海道から南は沖縄まで、日本全国にはさまざまな観光スポットや名所が点在します。しかし、全ての都道府県を回るのは、なかなか大変なもの。皆さんは一度も訪れたことのない都道府県はありますか。行ったつもりになっていても、意外と行ったことない、なんて場所もあるかもしれませんね。そこで、一度も訪れたことのない都道府県について調査してみました。

■実は一度も訪れたことのない都道府県ランキング
1位:秋田県
2位:宮崎県
3位:青森県
3位:高知県
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位には《秋田県》がランク・イン。世界自然遺産にも登録された、白神山地がある《秋田県》は、自然が豊かな場所として知られています。あきたこまちやきりたんぽ、比内地鶏など美味しいグルメもたくさんあるのですが、意外と行ったことがない人が多いようです。

2位には《宮崎県》がランク・イン。2007年には、東国原元宮崎県知事の「宮崎をどげんかせんといかん」という言葉が新語・流行語大賞にも選ばれ、大きな注目を集めました。県内には高千穂峡や日向灘などのパワースポットが点在しています。まだ行ったことのない人は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

同率で3位には《青森県》と《高知県》がランク・イン。《青森県》は、東北三大祭りの一つでもある『青森ねぶた祭り』など、年間で約300万人以上の人が観光で訪れる《青森県》が、意外にも3位という結果となりました。青森は、毎年初競りで注目される高級魚、大間のマグロが水揚げされる場所でもあります。東京からなら新幹線を使って3時間以内で行けるのも気軽ですね。
それに対抗して《高知県》は、四国三大祭りの『よさこい祭り』が有名ですね。「正調」という日本舞踊に合わせて、鳴子(作物を狙う鳥を追い払う農機具)を手に持つ踊り子が主流でしたが、最近では、サンバ、ロック、ヒップホップ、演歌、フラメンコ、フラダンスなどバラエティ豊かな踊りも見られるようです。

今年の夏休みの計画を立てるにあたって、今まで行ったことのない場所を選択肢の一つとすると、新しい発見があるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年4月23日~2015年4月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)