個性的なキャラクターの集まりとも言える芸能界。そんな個性派揃いの芸能界の中でもひときわ異彩を放つのが「変人」と言われる有名人です。実際どのような人が変人だと思われているのでしょうか。そこで今回は、「本物の変人」だと思う有名人について探ってみました。

■「本物の変人」だと思う有名人ランキング
1位:楳図かずお
2位:蛭子能収
3位:江頭2:50
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《楳図かずお》でした。『まことちゃん』で知られる人気漫画家の《楳図かずお》。赤と白のボーダー柄を好み、メディア出演時はほとんど赤と白のボーダーファッションで身を包んでいるほど。赤と白のボーダーを愛するあまり、自宅の外装にもボーダーを施し、ご近所トラブルに発展したことも記憶に新しいですよね。そのような極端な発想から「変人」だと思う人が多く、1位に輝きました。

2位は《蛭子能収》でした。漫画家でありイラストレーターでもある《蛭子能収》。テレビで見る超マイペースなキャラクターから「変人」だと思われているよう。1位の《楳図かずお》、2位の《蛭子能収》と、漫画家が上位を独占する結果となりました。ひょっとすると、変わっているからこそ独創的なストーリーが生まれるのかもしれませんね。

3位は《江頭2:50》でした。バラエティ番組で「キモいキャラクター」として知られる《江頭2:50》。その風貌や言動から、変人だと思われることも多いようですが、一方で東日本大震災のときは自らトラックで支援物資を現地に送り届けるといった感動秘話もニュースになりました。テレビで見せる顔と、実際の顔は少し異なるのかもしれません。

このように、見た目もキャラクターもかなり個性が光る有名人が上位にランクインする結果となりました。個性がないと生き残れない芸能界で、「変人」と呼ばれることは最高の褒め言葉かもしれませんね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年3月11日~2015年3月16日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)