2014年11月にCDデビュー以降、今年に入ってから東京、大阪でのワンマンライブと勢いがとまらないINKT。そして4月25日には待望のミニアルバム『サイサリス』リリースに続いて、5月5日には東京・六本木のEXシアターでの単独ライブが控えている。そして、さらに7月からはツアーも決定! ライブ直前のINKTのみなさんに心境を語ってもらいました。

■INKTの熱き想い

――前回(TSUTAYA O-WEST)よりも大きな会場でのライブとなりますが、どんなお気持ちですか?
KOKI:前回と挑む精神面は変わらないけれど、たぶん単純にできることとか、動ける範囲やできる幅も広がってくるので、しっかりリハをしつつ、どんなことができるか、やりたいかをもう一度話し合っていきたいです。

Kei::想像の中ではやりたいこととかをメンバーはいっぱい持ってるんですけど、それが実現できるかっていうと会場の都合もあるので。それも踏まえて可能なことから一個ずつパワーアップしたINKTを感じてもらえればちょっとずつ見せられればと思います。そのわかりやすい第一歩が5月5日。
東京・大阪とファーストライブを経て『サイサリス』を出して。その全てをひっくるめて一回りも二回りも大きくなのか、あるいは「先に進んだ」なのか。ただあの場には留まっていない、次のINKTを見せられるライブになると思います。

KOKI:今回は置ける機材とかも変わってくるだろうし、照明が一個増えるだけでもまた変わるだろうし。
Kei::可能ならばSASSYのドラムは回したいからねホントは(笑)
KOKI:kissyも回しちゃうから(笑)
Kei::kissyは吊りたいんだよね、ハーネスつけて。
kissy:(鍵盤宙を舞う仕草)
KOKI:いいね!
kissy:いいんですか?(笑)
――スケールが大きいですね!
mACKAz:スケールだけはね(笑)

――前回とは何か違った演出を考えていらっしゃるのですか?
Kei::何かしら違ったことをしたいなと。
SASSY:前回のライブからミニアルバム出して、この間もINKTを知ってもらえるツールが増えるじゃないですか。ライブでINKTを初めて見る人も増えるだろうし。INKTとしてのホーム感をみんなに共有できるように、ステップアップしたライブができればと思います。
KOKI:あ、同じこと言おうと思ってたわ!
Kei::そっち側の二人(KOKI&mACKAz)は、その手口良く使うよね。
KOKI:全く同じこと、一言一句同じことを言おうと思ってた(笑)
――偶然ですね(笑)
mACKAz:怖いね、あるんだね~こういうこと。
Kei::ファミリーだからしょうがないね。


■INKTのプライベートを支えるものとは?

東京・大阪で披露したパワフルなライブと平行して、『サイサリス』の楽曲制作に取り組んでいたINKT。考えてみればかなりハードなスケジュールだったはず……。そこで日々の活動を支えてくれる必需品について聞いてみました。


Kei:必須アイテム】アイマスク&冷却スプレー

Kei::温かくなるアイマスクです。元々寝付きが良くて温かくなる前に寝ちゃうこともあるんですけど、つけてると朝起きた時に目がスッキリしてて便利です。移動中もアイマスク代わりにこれをつけてますね。こっちのスプレーは、今回レコーディング中にライブも同時進行していて、ライブ後は首や腕が大変なことになるので、冷やす目的で使っています。


【SASSY必須アイテム】プロテイン入りチョコバー&アミノ酸

SASSY:これは、叩く前と叩く後に欠かせないもので、アミノ酸は叩くエネルギーになるので叩く前に飲むようにしています。即効性があるのですが、むしろ思い込みの方が強くて「これ飲んでるからバキバキのプレーができるぞ!」というお守り的な感じですね。バータイプはプロテイン入りなんですけど、喉がつまっちゃうので叩いた後に食べています。美味しいから食べているというのもあるけれど、今日の自分よりも強くなれるんじゃないかなって。常に進化したいなという思いを込めて食べています。


【kissy必須アイテム】竹製の耳かき

kissy:製作中はどうしても自宅での作業が多くなるので、作業中ってなんか他のこともやりたくなっちゃうんです。耳かきを発見する前はずっと水を飲んでいて。水を飲みながら作業してたことがあったんです。それをやってた頃はホント1日5リットルとか飲んでて体に悪いから辞めようと思って、耳かきしてみたらめっちゃいいじゃん!って。
mACKAz:耳に悪いじゃん!
Kei::すごい片手間感があるけど大丈夫?(笑)
kissy:30分に1回くらい耳かき持って曲作って、もうクセになっちゃいましたね。
SASSY:耳かきにこだわりとかはないの?
kissy:こだわりといえば綿棒はダメなんですよ。竹製じゃないとダメで……。
KOKI:割り箸は?
kissy:刺さっちゃうから! 竹製の薄さと硬さがちょうどいいんですよ。


【mACKAz必須アイテム】エナジードリンク

mACKAz:これを飲んですごく実感があるわけじゃないんですよ。でも今日はやるぞってときに一本ガッと飲んでスイッチを入れています。でもこれを2本飲んじゃうと眠れなくなっちゃうんで。だから朝早くて夜遅くまでの作業のときは2本飲んで目を覚ましてます。制作に取り掛かるときのスイッチになっていますね。


【KOKI必須アイテム】ハーブティー

KOKI:あんまり売ってないんですけど、ヒカリエの地下にある海外製品を扱うお店で3箱くらい買っちゃいました。ライブの日とかレコーディングの日はお茶を入れて飲んでいます。
Kei::それ美味しいよね。
KOKI:オーガニックで美味しく飲めるお茶です。
mACKAz:独特なにおいがするね。


ライブにレコーディング、取材、番組出演と多忙なINKT。体のメンテナンスアイテムもあれば、癒やしだったり、スイッチを入れるための起爆剤だったりと、最高のパフォーマンスを発揮するために、普段からこまめに体を大切にする様子がうかがえました。「全てはライブのため」――小物一つとってもそんな覚悟を感じたのでした。


■5月5日、EX THEATER ROPPONGIでのライブに向けて

――最後にファンのみなさんへメッセージをお願いします。
Kei::ファンの皆様には4月25日に新譜が出て、そして5月5日には進化したINKTのライブが見せられると思いますので、僕たちも最高のパフォーマンスをする準備をして行くので、ファンのみなさんも楽しむ準備をしてきてくれると嬉しいです。
KOKI:そうですね、もう単純に楽しみにしてて欲しいなって思います。何故ならばこれまで以上に自分が楽しみだから。それにつられてファンの皆さんも楽しんでもらえればと思います。一人残らず楽しませるつもりでやります!
SASSY:『サイサリス』って本当にINKTの今を詰め込んだ、振り切れたアルバムになっていると思います。バンドをやりたいと思っているようなキッズにも響くような要素もあるので、ぜひ注目してもらえたらなと思っています。バンドに興味がない人も楽器に興味を持つきっかけになってくれたら、これまた幸いだなと思います。

mACKAz:『サイサリス』は1枚目とはまた違った世界観のアルバムになっています。5月5日のはライブはそういう意味でも前のライブとは違った世界観だったり、もっとみんなで歌える曲も増えたりしていると思うので、みんなで一つの空間を作り出せるライブにすることができるんじゃないかなと思ってます。

――5月5日は「こどもの日」ですもんね。
Kei::kissy、最後それに絡めてコメントしてね!

――では最後のシメをkissyさんお願いします。
KOKI:これ定番になりつつあるよね、最後Kissyが締めるっていうのは。でも毎回ぐずぐずっていうね(笑)
SASSY:記事では2番めくらいに入れてもらえればと。
一同:入れ替え!
kissy:ゴールデンウィークの最後のほうで、休みを使って来てくれる人は本当にありがたいですし、『サイサリス』をしっかり聞きこんで来てもらって、やっぱり僕らはライブをするためにあの音源を作ったので、それを意識してがっつり覚えてきてもらえれば嬉しいなと思います。はい。僕のひとりごとのようですが……。
KOKI:でもちゃんと言えちゃってるからツッコミようもないという。
kissy:二人目くらいの順番にしておいてもらえればと。
Kei::っていうところを書いといて一番最後に使ってもらえれば(笑)



(取材・文/いまトピ編集部 田幸、撮影/いまトピ編集部 吉永)