早口言葉は、昔から盛んに行われている言葉遊びの一つですね。言いにくい言葉をどれだけ早く上手に言えるかがポイント。早口言葉は、アナウンサーや俳優などの言葉の訓練として活用されることも…。また、日本語だけでなく英語でも似たような早口言葉があるそうです。そこで今回は、うまく言えなくてイラッとする早口言葉や言いにくい言葉について皆さんに聞いてみました。

■うまく言えなくてイラッとする早口言葉、言いにくい言葉ランキング
1位:きゃりーぱみゅぱみゅ
2位:東京特許許可局許可局長
3位:魔術師手術中(まじゅつししゅじゅつちゅう)
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位には《きゃりーぱみゅぱみゅ》がランク・イン。ファッションモデルや歌手として大活躍している《きゃりーぱみゅぱみゅ》。お馴染の早口言葉を抑えて、言いにくい言葉としてトップに選ばれました。確かに、《きゃりーぱみゅぱみゅ》と実際に言葉にしてみると、上手く言えなくて、イラッとしてしまいそうですね。

2位には《東京特許許可局許可局長》がランク・イン。さまざまなバリエーションがある早口言葉《東京特許許可局許可局長》は、実際には存在していない部署とのこと。1934年のNHK全国一律アナウンサー試験のために考案された早口言葉だそうです。言葉遊びの定番として、何度も繰り返して使われている早口言葉と言えるのかも。

3位には《魔術師手術中(まじゅつししゅじゅつちゅう)》がランク・イン。《魔術師手術中(まじゅつししゅじゅつちゅう)》は、言いにくい早口言葉として多くのサイトで常に上位にランク入りしている言葉です。難しいからこそ、滑舌トレーニングには最適な言葉なのかもしれませんね。

ランキングを見ると、早口言葉の難しさから思わずイラッとする言葉が選ばれています。早口言葉の数々は、舌が動かしにくい言いにくい言葉をわざと並べて作られているそうです。3回繰り返して言えれば、滑舌が良くなる効果が期待できるとのこと。ランキングを参考に難しい早口言葉にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年4月7日~2015年4月10日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)