2015年は、語呂合わせで「イチゴ」の年。レストランやカフェでは100年に一度しかないイチゴイヤーにあやかった特別スイーツが多数販売されています。そんなイチゴイヤーの中、皆さんはいったいどんなスイーツに注目しているのでしょうか?今回は「食べてみたいと思うイチゴスイーツ」についてアンケートをとってみました。

■2015年はイチゴyear~食べてみたいと思うイチゴスイーツランキング
1位:ストロベリーパフェ
2位:ミルフィーユ
3位:いちご大福
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は、資生堂パーラー サロン・ド・カフェの《ストロベリーパフェ》がランク・インしました。資生堂パーラー サロン・ド・カフェの《ストロベリーパフェ》といえば、店の看板商品といっても過言ではない大人気メニュー。こだわりのイチゴを使ったパフェを食べに、わざわざ遠方からやってくる人も多いのだとか。イチゴイヤーの中でも不動の人気を博しているイチゴスイーツの女帝といえそうです。

2位は、マキシム・ド・パリの《ミルフィーユ》がランク・イン。サクサクのパイ生地で、甘いカスタードとイチゴをサンドした絶妙な一品に「食べてみたい!」という声が多く集まりました。《ミルフィーユ》はサイズが豊富に用意されているので、人数にあわせて選びやすいところも魅力的。銀座を訪れた時には、マキシム・ド・パリのケーキショップをのぞいてみてはいかがでしょう。

イチゴの旬は本来春ですが、需要が高いのはクリスマスケーキが多く店頭に並ぶ冬。農家からの出荷も、冬から春に集中しています。イチゴイヤーの特別なイチゴを楽しむなら、今がラストチャンスかも。気になったイチゴスイーツは、早めにチェックしてみてはいかがでしょうか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年3月25日~2015年3月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)