人生楽しいこともあれば、辛く苦しいこともあるものです。突然雷に打たれるほどショックな事態に見舞われることもあります。そのような大きいショックなことを、将棋に例えて「詰む」と言います。今回は「人生詰んだと思った(思う)瞬間ランキング」を調査してみました。

■人生詰んだと思った瞬間ランキング
1位:長く付き合っていた結婚するつもりだった恋人から別れを告げられた
2位:恋人と浮気相手のメールを間違えて送信
3位:子供の頃の暗い過去が今の友人にばれたとき
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

 恋人とのエピソードが多くランク・インしした今回のランキング。最も多かった1位は、《長く付き合っていた結婚するつもりだった恋人から別れを告げられた》でした。信頼している相手から切りだされる突然の別れは、想像していないだけにショックも大きいですよね。ましてや結婚を考えているのなら尚更。

2位には《恋人と浮気相手のメールを間違えて送信》がランク・イン。楽しいメールのやりとりのはずが、ちょっとした手違いで一気に地獄に!「送らなければ良かった」と思っても後の祭り…。どうなるかは…想像したくないですね。

3位には《子供の頃の暗い過去が今の友人にばれたとき》が入りました。誰でもひとつくらいは持っている、子供の頃の失敗や公にはしたくない過去…。それがひょんなことから暴かれてしまったとき、「人生詰んだ…」と絶望感に打ちひしがれてしまうようです。

4位には《結婚式直前に別れを告げられたとき》がランキングされています。1位の《長く付き合っていた結婚するつもりだった恋人から別れを告げられた》よりも、さらにダメージが大きそうです。幸せ絶頂から一気に急降下。悲しみは計り知れません。

  ショックな出来事に遭遇した瞬間は、「人生終わりかも…」と思ってしまうかもしれませんが、時間が経てば「そんな時もあった」と笑って思い出せる日が必ず来ます。辛い思いをした分、心の痛みが分かる優しくて強い人間に成長するでしょう。どうか前向な気持ちで、明るい未来へ向かって歩んで行ってほしいものです。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年3月25日~2015年3月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)