肉球とは一部の動物の足裏にある、無毛の皮膚のこと。足音を消したり、着地の衝撃を抑えたりなど、動物の行動を助ける機能を持っています。しかし、何といっても魅力的なのが、あのぷにぷにとした感触ですね。今回は、「触ってみたい!」と思う動物の肉球について、皆さんにアンケートをとってみました。

■触ってみたい動物の肉球ランキング
1位: 猫
2位: 犬
3位: トラ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《猫》の肉球、僅差の2位には《犬》がランク・イン。「どちらの肉球も同じなのでは?」と思うかもしれませんが、実はちょっとした違いがあります。それは手触りの違い。猫の肉球の表皮は、《犬》の肉球に比べてつるつるしているのだそう。一方《犬》の肉球は、ザラザラとした手触りをしています。僅差とはいえ《猫》がリードしたのは、肉球のなめらかさが要因といえそうです。

また、3位には《トラ》がランク・インしました。ネコ科で最も体が大きい動物として知られる《トラ》の足は、人間の手のひらを超えるビッグサイズ。なかなか触れ合う機会がない動物だからこそ、「いつか巨大な肉球をぷにぷにしてみたい!」という声が多く集まったのかもしれません。ただ、《トラ》は密猟や生息環境の破壊によって頭数が激減しており、絶滅が危惧されている動物でもあります。《トラ》の保護のために活動している団体も多いので、気になった人は支援に参加してみてはいかがでしょうか。肉球の貢献にも繋がるかもしれません。

 いつまでもぷにぷにしていたい肉球ですが、実はとてもデリケートな部位。縫合も難しい部分なので、小さな怪我でも動物たちの自由を奪うきっかけになってしまうことも。触るときは優しく、丁寧に扱うようにしましょう。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年3月25日~2015年3月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)